Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 学部・大学院
  3.  > スポーツ健康科学部(概要)

スポーツ健康科学部(概要)

生活の質(QOL)を支える「スポーツ」と「健康」のエキスパートへ

スポーツ健康科学部

 今日の社会生活全般におよぶ構造的とも言える変容は、健康とスポーツに対する関心と欲求を生み出しています。充実した社会生活を送る中で、現代ほど多くの人々が健康の重要性を認識している時代はこれまでにありません。また、生活に質的充実をもたらす上で、スポーツの果たす役割が広く認められ、スポーツの楽しみを享受する欲求が高まっています。このような社会的ニーズと人材養成の必要性に応えるため、スポーツ健康科学部では、現代社会における健康の増進やスポーツの社会的発展に寄与・貢献できる多様な人物を養成することを目的としています。
 スポーツ健康科学部は、生活の質(QOL: Quality of Life)の向上を視野に入れたスポーツと健康のエキスパートを養成することをめざし、文理融合型のカリキュラムを編成して理論と実践による幅広い学修機会を提供しています。スポーツ健康科学という学問領域は、トレーニング論、コーチング論、運動論、といったスポーツ独自の学問に加えて、生理学、生化学、医学、栄養学、バイオメカニクス、心理学、社会学、政策学、教育学、経営学、マーケティング、などの親学問をスポーツに援用した応用科学として発展した学問を範疇としており、多岐にわたる学問体系となっています。そのため、スポーツ健康科学部では、興味のあるスポーツや健康のテーマを題材にして、スポーツ応用科学のアプローチによる多様な研究に取り組むことができます。

学びのポイント
文理融合型総合科学としてのスポーツ健康科学の理論と実践による学び
  • 導入・基礎・研究教育
  • 少人数制の丁寧な指導
  • 充実した研究・実験環境

設立年

2008年度開設。多角的かつ科学的な視点でスポーツと健康の関係について学修する

学科(1学年定員)

スポーツ健康科学科(210)

主たる校地

京田辺

専任教員数

24

学生数(女子)

926(274)

学部の特色

  1. 人々の健康増進、スポーツの社会的発展に貢献できる人材を育成
  2. 学内外の研究・医療機関と連携し、充実した研究環境を提供

取得できる免許・資格

  • 小学校教諭一種
  • 中学校教諭一種
    (保健体育)
  • 高等学校教諭一種
    (保健体育)
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員 など

関連のある主な資格

  • 健康運動指導士
  • 各種スポーツ指導者資格
  • 障害者スポーツ指導員 など

卒業後の主たる進路

  • 大手企業
    (医療、健康、食品、スポーツ関連)
  • 中学・高等学校保健体育教員
  • スポーツ振興の自治体職員
  • プロスポーツマネジメント
  • 大学院進学

さらに詳しい情報はスポーツ健康科学部でご案内しています。

スポーツ健康科学部オリジナルサイトでは、以下の情報もご案内しています。

  • 教育・研究
  • 入試
  • 学費・奨学金
  • 学会
  • スタッフ一覧
  • 学生生活・就職
  • 施設紹介
  • 教員父母連絡会

関連情報

このページの先頭へ