Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 同志社大学で学びたい方へ
  3.  > 生涯学習
  4.  > Doshisha Evening Academy
  5.  > 同志社講座2017 秋学期(Evening Academy「アメリカ改憲史から考える憲法改正」)

同志社講座2017 秋学期 「Doshisha Evening Academy」

本学研究者や第一線でご活躍の著名人を講師にお招きし、現代の課題とその真相に迫る講演会形式の講座です。

アメリカ改憲史から考える憲法改正

日程
2017年10月13日(金) 19:00~20:30

講師
阿川 尚之 同志社大学 特別客員教授 慶應義塾大学 名誉教授
東京都出身。慶應義塾大学法学部中退、米国ジョージタウン大学外交学部ならびに同大学ロースクール卒業。ソニー、日米の法律事務所を経て、1999年から慶應義塾大学総合政策学部教授。2002年~05年在米日本国大使館公使(広報文化担当)07年慶應義塾大学総合政策学部長、09年~13年まで慶應義塾常任理事。16年慶應義塾大学退職。16年春から現職。
主著に『アメリカン・ロイヤーの誕生』(中公新書)『海の友情』(中公新書)『憲法で読むアメリカ史(全)』(ちくま学芸文庫)『憲法改正とは何か』(新潮選書)など。
阿川 尚之
講師より
日本国憲法は制定以来70年、一度も改正されていない。同様に大日本帝国憲法も一度も改正されなかった。安倍総理大臣は自衛隊の明記などを含む2020年までの改憲実現を提案しているが、反発も強く、実現するかどうかはわからない。ひるがえってアメリカ合衆国憲法は1788年に制定されて以来、これまでに27の修正条項が制定され、改正が行なわれてきた。日本国憲法の制定に大きな影響を与えたアメリカ憲法改正の歴史をたどり参考とすることによって、そもそも改憲とはなにか、改憲は何をもたらすのか、正式な改憲以外にも憲法を変える方法はあるのか、それは許されるのか。そうした問題を改憲のエピソードを紹介しながら、現在のアメリカ大統領のことにも思いを馳せ、考えてみたい。推薦図書:『憲法で読むアメリカ史』(ちくま学芸文庫)『憲法改正とは何か、アメリカ改憲史から考える』(新潮選書)『憲法で読むアメリカ現代史』(NTT出版)(10月刊行予定)阿川尚之著
会場・アクセス同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室 交通アクセス
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
お問合せ先同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 FAX:03-6228-7262 
E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp 東京オフィスオリジナルサイト
受講料3,000円(6回一括料金はありません)
定員100名
申込方法以下のいずれかの方法でお申し込みください。
お申込み・受講に関する注意事項
  • 定員になり次第、受付を終了いたします。
  • 受講料は、初回に受付でお支払いください。
  • 万が一、開講出来ない場合は開講の1週間前までにお申込みいただいた方にご連絡いたします。
  • 開講が決まりましたら、事務局より受講票を郵送いたします。
  • 受講票(ハガキ)は1講座1枚です。受講時に受付にお出しください。
  • 休講・補講
    1. 講師の都合および事故、台風、天災、交通機関遅延等によりやむを得ず休講する場合があります。
    2. 休講が事前に判明した場合は同志社大学HP および同志社TOKYO HUB サイトに掲載し、各個人にメールにてお知らせし、補講等の対応をいたします。
  • 受講時は
    1. 講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、機内モードにしてください。
    2. 講座の録音、録画、写真撮影は講師の許可がある場合を除き禁止です。

2017秋の特典
2016年、2017年春学期の同志社講座の修了証(全回出席者にお渡ししています)を3枚ご持参でEvening Academyの1講座を無料にいたします。修了証3枚の特典はお一人1回に限ります。
このページの先頭へ