Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 同志社大学で学びたい方へ
  3.  > 生涯学習
  4.  > 同志社講座2017 秋学期(良心学の挑戦─新たな価値創造のために)

同志社講座2017 秋学期

良心学の挑戦─新たな価値創造のために

申込み受付終了いたしました

講座概要
 同志社にとって「良心」は設立者・新島襄から投げかけられた課題と言えます。しかし、それが同志社的なものにとどまることは許されないでしょう。西洋において長い議論の歴史を有する「良心」を現代世界の文脈において、どのように再活性化することができるでしょうか。本講座では「良心を覚醒させる知の連携と知の実践」(統合知および実践知としての良心)という目標のもとに、良心学が目指す地平を明らかにしていきます。
 日本語の「良心」の元になった欧米語の「良心」(conscience)の原義は「共に知る」です。様々な価値の対立が高まりつつある時代の中で、現代世界の課題を共に知り、新たな価値創造を探っていく講座となることを目指します。

第1回:2017年9月15日(金)19:00~20:30 「良心学が目指すもの」

講師
小原 克博
同志社大学神学部 教授、良心学研究センター長。同志社大学大学院神学研究科博士課程修了。博士(神学)。専門はキリスト教思想、宗教倫理学、一神教研究。宗教倫理学会会長。著書:『宗教のポリティクス―日本社会と一神教世界の邂逅』( 晃洋書房/2010)など。

講座内容
現代世界において良心を問うことが、なぜ必要なのでしょうか。良心という概念の由来や、それが用いられてきた歴史的な背景(新島襄と良心の関係を含む)をたどりながら、様々な価値の対立を調停する能力として良心の可能性を考えていきたいと思います。良心の探求と実践のためには専門性の垣根を越える学際的な探求が欠かせません。現代社会が抱える課題のいくつかを具体的に取りあげながら、良心学が目指しているものを展望します。
小原 克博

第2回:2017年10月20日(金)19:00~20:30 「社会福祉と良心」

講師
木原 活信
同志社大学社会学部 教授。東京都立大学助教授、トロント大学客員研究員を経て現職。専門は福祉思想・哲学。主著『J.アダムズの社会福祉実践思想の研究』(1998)(福武直賞受賞)、『対人援助の福祉エートス』(2003)『社会福祉と人権』2014)、『弱さの向うにあるもの』(2015)

講座内容
社会福祉問題の背後には社会構造的課題がその根底にありますが、一方でその解決には一人の福祉事業家の「良心」が起爆剤となって大きな変革を生み出してきたことは歴史が示しています。本講義では社会福祉の形成過程に「良心」がどのように影響を及ぼしているのかを明らかにします。そして現代の福祉課題(自殺問題等を挙げる予定)も射程に入れ、それらに社会的な「良心」がどのようにかかわっているのかについて議論していきます。
木原 活信

第3回:2017年11月15日(水)19:00~20:30 「良心の経済学」

講師
八木 匡
同志社大学経済学部 教授。専門:公共経済学、スポーツ経済学、文化経済学、教育経済学。京都大学経済研究所助手、名古屋大学経済学部助教授を経て現職。日本経済学会理事(2002年~2007年)、文化経済学会<日本>副会長(2016年~)。主著:European Economic Review等、海外学術雑誌等に論文を多数掲載。

講座内容
グローバル経済の進展が、格差社会の深刻化をもたらすと共に、「貪欲資本主義」と呼ばれる経済システムの中で、モラルの荒廃と社会における信頼形成が崩壊しつつあります。この問題を解決するために、共感に基づく利他性の発露と社会を活性化する創造的活動を促進する社会構造の改革を議論する必要があります。
八木 匡

第4回:2017年12月22日(金)19:00~20:30 「ビジネスと良心」

講師
北 寿郎
同志社大学大学院ビジネス研究科 教授。名古屋大学大学院工学研究科修了。工学博士。電電公社(現NTT)を経て現職。専門はイノベーションマネジメント。著書:『ケースブック 京都モデル─そのダイナミズムとイノベーションマネジメント』(白桃書房、2009年)

講座内容
少し前のエンロン事件や最近の電通の女子社員自殺事件、さらにはいわゆるブラック企業問題など、企業の良心を問うような事案は枚挙に暇がありません。法人としての企業は様々な考え方を持つ経営者や従業員によって構成されています。構成員一人ひとりの良心と集団としての良心にはどのような関係があるのか、さらには企業の良心とはどのように形成されるのかを多彩な側面から議論していきます。
北 寿郎

第5回:2018年1月12日(金)19:00~20:30 「科学技術と良心」

講師
林田 明
同志社大学理工学部環境システム学科 教授。1982年 京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了(理学博士)。研究分野は地球システム科学、古地磁気学・環境磁気学。岩石や堆積物の磁気特性を利用して、地球磁場の変動、年代測定、地殻変動、気候変動、環境汚染などの研究を行っている。

講座内容
科学技術は人類に多大の恩恵をもたらすとともに、環境問題や原子力発電所の事故など、社会に損害や不安を与える要因にもなっています。社会と科学技術との良好な関係を築くためには、自然科学の歴史を踏まえ、現代の科学技術の特質を理解することが必要です。ここでは、新島襄の学んだ自然科学、科学者の行動規範の変化、大学の役割などの話題を通じ、科学技術を「良心を手腕に運用する」ことの意味を考えてみたいと思います。
林田 明
会場・アクセス同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室 交通アクセス
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
お問合せ先同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 FAX:03-6228-7262 
E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp 東京オフィスオリジナルサイト
受講料5回一括 15,000円 
定員100名
資料当日講師より配布いたします。
申込方法以下のいずれかの方法でお申し込みください。
WEB申込みはこちら(同志社東京HUBサイト)から 
受講申込書 [PDF 157KB]FAX(03-6228-7262)で送付。 
お申込み・受講に関する注意事項
  • 定員になり次第、受付を終了いたします。
  • 受講料は、初回に受付でお支払いください。
  • 開講後は、受講料の払い戻しはいたしません。
  • 万が一、開講出来ない場合は開講の1週間前までにお申込みいただいた方にご連絡いたします。
  • 開講が決まりましたら、事務局より受講票を郵送いたします。
  • 受講票(ハガキ)は1講座1枚です。受講時に受付にお出しください。
  • 全回ご出席の方には「修了証」を最終回にお渡しいたします。
  • 休講・補講
    1. 講師の都合および事故、台風、天災、交通機関遅延等によりやむを得ず休講する場合があります。
    2. 休講が事前に判明した場合は同志社大学HP および同志社TOKYO HUB サイトに掲載し、各個人にメールにてお知らせし、補講等の対応をいたします。
  • 受講時は
    1. 講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、機内モードにしてください。
    2. 講座の録音、録画、写真撮影は講師の許可がある場合を除き禁止です。
このページの先頭へ