Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 同志社大学で学びたい方へ
  3.  > 生涯学習
  4.  > 同志社講座 2016 秋学期
  5.  > 同志社講座2016 秋学期(万葉恋愛講座~恋する群像)

同志社講座 2016 秋学期

万葉恋愛講座~恋する群像(全5回)

講座概要
万葉集には、失恋や遠距離恋愛、さらにはちょっぴり哀しい片思いまでもが豊かに歌い込まれています。名だたる万葉歌人の駆け引きめいた歌の数々や、誰の作ともわからない歌に描かれる切ない恋ごころを読みすすめていけば、恋愛ドラマに見られるようなさまざまな恋愛のかたちが示されていることに気づかされます。恋に悩む万葉びとの日々の様子を学びながら、普遍的な心のあり様を考えます。
日程
2016年11月17日、12月15日、2017年1月12日、2月16日、3月16日(すべて木曜日)全5回 13:00~14:30
講師
垣見 修司(同志社大学文学部准教授)
1973年奈良県生まれ。1996年同志社大学文学部国文学科卒。関西大学文学研究科国文学専攻修了 博士(文学) 。研究分野:万葉集を中心とする上代日本文学の研究。2009-2012 高岡市万葉歴史館研究員を経て2013年より現職。2011年第4回萬葉学会奨励賞受賞。著作[論集] 天象の美 『美の万葉集』(高岡市万葉歴史館論集15、笠間書院)。
文学部准教授 垣見修司
各回テーマ

第1回 11月17日(木)

「浮気と不倫」
不倫はドラマか小説か、せいぜい社内のうわさ話までにしてほしいもの。ネットにはびこるゴシップに比べると、古代の浮気と不倫の描き方はよほど洗練されています。

第2回 12月15日(木)

「遠距離恋愛と単身赴任」
万葉の時代、歌を享受したのは出張を命じられ、中央から地方へ派遣される官人たちでした。都に残した妻との相思相愛の思いが数多く残されています。

第3回 1月12日(木)

「待つ女・追う女」
古典において、男の訪れを待つほかない女性の悲哀が描かれることは、万葉も同様ですが、時には情熱的に男を追いかける力強い女性の姿も描かれます。

第4回 2月16日(木)

「隠り妻」
不倫に限らず結婚するまでの間は秘密の恋愛も多いもの。男たちがひそやかな恋の気持ちを歌に詠んだのは歌わずにいられなかったのか、たんにのろけたかっただけなのか。

第5回 3月16日(木)

「失恋と離別」
万葉びとの失恋もまたいろいろなかたちがあるようです。男女いずれの失恋も、死に至る悲劇があるかと思えば、悲しんでばかりでもない明るさの感じられる歌もあります。
会場・アクセス同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
交通アクセス
お問合せ先:同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 FAX:03-6228-7262  
E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp
東京オフィスオリジナルサイト
受講料5回一括12,000円、各回3,000円
定員70名
申込方法以下のいずれかの方法でお申し込みください。
WEB申込みはこちら(同志社東京HUBサイト)から 
受講申込書 [PDF 429KB]をFAX(03-6228-7262)で送付
お申込み・受講に関する注意事項・定員になり次第、受付を締めきります。
・受講料のお支払いは、開講日に受付でお支払いください。
・開講後の受講料:お支払い後の払い戻しはいたしません。
・開講が決まりましたら、事務局より受講票を郵送いたします。
・各講座には開講最少人数を設定しております。万が一、お申込数が達しない場合は開講しない場合があります。予めご了承ください。
・万が一、開講出来ない場合は、開講の1週間前までに受講票をお送りした方にご連絡いたします。
・受講票(ハガキ)は1講座1枚です。受講時に受付にお出しください。
・全回ご出席の方には修了証を最終回にお渡しいたします。
・休講・補講について、講師の都合および事故、台風、天災、交通機関ストライキ等によりやむを得ず休講する場合があります。また、休講が事前に判明した場合は同志社大学HPおよび同志社TOKYOHUBサイトに掲載し各個人にメールにてお知らせし補講等の対応をいたします。
・受講に際して、講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、マナーモードにしてください。講座の録音、録画、写真撮影はお断りいたします。
このページの先頭へ