Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 同志社大学で学びたい方へ
  3.  > 生涯学習
  4.  > 同志社講座 2016 秋学期
  5.  > 同志社講座2016 秋学期(リーダーのためのマインドフルネス講座)

同志社講座2016秋学期

リーダーのためのマインドフルネス講座

講座概要
Googleなどの欧米トップ企業に次々と導入され、今、話題のマインドフルネス。ビジネスでは自己管理、リーダーシップの世界標準になりつつあります。本講座では、初心者対象にビジネスやリーダー開発で行われているマインドフルネスを実習。また、同志社Well-being研究センターの学際チームが、心理学、脳科学、宗教、経営学の立場から、多角的にマインドフルネスの最先端を語ります。ビジネスやプライベートをより心豊かに過ごしたいと思う方向けの講座です。
*本講座は、同志社大学ビジネススクールオムロン基金プロジェクトの助成を受けています。
*メンタル不調を治療するプログラムではありません。
日程
2016年11月17日(木)、12月15日(木)、2017年1月23日(月)、2月16日(木)、3月16日(木)  全5回 18:30~20:30
講師
飯塚 まり(同志社大学大学院ビジネス研究科教授、Well-being研究センター長)
同志社大学(心理学)、スタンフォード大学MBA、MA(開発経済)、京都大学Ph.D.
外資系企業から、世界銀行 (ワシントンDC)、アジア経営大学院、立命館アジア太平洋大学を経て現職。INSEAD(仏)他、客員研究員。アジア各国での経営者トップセミナーを始めとして、多国籍企業や50カ国以上出身のMBAを対象とした豊富な教育経験を有する。米国NLP協会準トレーナー。グーグル発のマインドフルネスリーダーシップ(サーチ・インサイド・ユアセルフ)の公式トレーナー。日本能率協会Kaika Awards 審査委員。日本グローバルコンパクト・アカデミックネットワーク(J-GCAN)会長。同志社大学Well-beingリサーチセンターセンター長。
飯塚まり
佐藤豪
佐藤 豪
(同志社大学心理学部 教授)
廣安知之
廣安 知之
(同志社大学生命医科学部教授)
日和悟
日和 悟
(同志社大学生命医科学部助教)
中川吉晴
中川 吉晴
(同志社大学社会学部教授)
各回テーマ

第1回 11月17日(木) 「マインドフルネスとストレス」 実習:マインドフルネス瞑想

講師:佐藤 豪、飯塚 まり
厳しい社会を生きるリーダーやビジネスパーソン。ストレスをどう捉え、マインドフルネスは、どう役に立つのでしょう。

第2回 12月15日(木) 「マインドフルネスと脳科学」 実習:ボディスキャン瞑想

講師:廣安 知之、日和 悟、飯塚 まり
マインドフルネスは脳を変える。人工知能(AI)や脳科学、ビジネスの注目する最先端の研究から、マインドフルネスに迫ります。

第3回 1月23日(月) 「マインドフルネスと悟り」 実習:気づきのための瞑想

講師:中川 吉晴、飯塚 まり
マインドフルネスは、本来は仏教に由来した、悟りのための技術でした。禅や「道」、そして「マインドフルネスのその先」には、何があるのでしょう。

第4回 2月16日(木) 「マインドフルネスと対人関係」 実習:対人関係のための瞑想

講師:佐藤 豪、飯塚 まり
リーダーにとって肝心要の対人関係。相手と自分をどう分析し、どうマインドフルネスを役立てればよいのでしょう。

第5回 3月16日(木) 「マインドフルネスと新しい経営」 実習:慈悲の瞑想

講師:飯塚 まり
全く新しい経営をもたらすと言われるマインドフルネス。混とんとするグローバルビジネスは、どう変わるのでしょう。
会場・アクセス同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
交通アクセス
お問合せ先:同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 FAX:03-6228-7262  
E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp
受講料5回一括のみ15,000円
定員50名
申込方法以下のいずれかの方法でお申し込みください。
WEB申込みはこちら(同志社東京HUBサイト)から 
受講申込書 [PDF 429KB]をFAX(03-6228-7262)で送付
お申込み・受講に関する注意事項・定員になり次第、受付を締めきります。
・受講料は、開講日に受付でお支払いください。
・開講後の受講料:お支払い後の払い戻しはいたしません。
・開講が決まりましたら、事務局より受講票を郵送いたします。
・各講座には開講最少人数を設定しております。万が一、お申込数が達しない場合は開講しない場合があります。予めご了承ください。
・万が一、開講出来ない場合は、開講の1週間前までに受講票をお送りした方にご連絡いたします。
・受講票(ハガキ)は1講座1枚です。受講時に受付にお出しください。
・全回ご出席の方には修了証を最終回にお渡しいたします。
・休講・補講について、講師の都合および事故、台風、天災、交通機関ストライキ等によりやむを得ず休講する場合があります。また、休講が事前に判明した場合は同志社大学HPおよび同志社TOKYOHUBサイトに掲載し各個人にメールにてお知らせし補講等の対応をいたします。
・受講に際して、講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、マナーモードにしてください。講座の録音、録画、写真撮影はお断りいたします。
このページの先頭へ