Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 同志社大学で学びたい方へ
  3.  > 生涯学習
  4.  > 同志社講座 2016 秋学期
  5.  > 同志社講座2016 秋学期(昭和史と平成という時代(その3))

同志社講座2016秋学期

昭和史と平成という時代(その3)-人物編-(全5回)

講座概要
昭和史の中で名を残している政治家を中心に、平成の目でそれらの人物を見ていくとどんな像が確立されるのか、今回の講座はそのことを考えます。人物像は同時代史の中で見るのとは逆に、歴史の視点で捉えると意外な発見もあります。とくに昭和史で国策に関わった政治家にはそのことがいえます。平成という時代は、そういう政治家を再整理してみることが必要でしょう。もっともその評価が変わらない政治家もいます。
日程
2016年10月28日、11月18日、12月16日、2017年1月20日、2月17日(すべて金曜日) 全5回 13:30~15:00
講師
保阪 正康 氏(ノンフィクション作家・評論家 日本近現代史研究者) 
1939年北海道生まれ。1963年同志社大学文学部社会学科卒。「昭和史を語り継ぐ会」主宰 昭和史の実証的研究のため、延べ4000人の人々に聞き書き取材を行い、独自の執筆活動を続けている。2004年、個人誌『昭和史講座』の刊行で第52回菊池寛賞受賞。 近著『昭和天皇実録 その表と裏1-3』(毎日新聞出版)、『田中角栄と安倍晋三 昭和史でわかる「劣化ニッポン」の正体』(朝日新書)、『安倍"壊憲"政権と昭和史の教訓』(朝日文庫)
保阪 正康
各回テーマ

第1回 10月28日(金) 「昭和天皇と今上天皇」

天皇が時代をつくり、時代が天皇をつくるという考え方に沿って、ふたりの陛下の時代の特徴を考えてみることにします。その絆はどこにあるのでしょうか。

第2回 11月18日(金) 「近衛文麿と東條英機」

太平洋戦争開戦に関してみごとに二人の意見は分かれます。その違いにひそんでいる本質は何でしょうか。軍事と非軍事の考え方の違いを考えます。

第3回 12月16日(金) 「吉田茂と鳩山一郎」

ふたりの政治家は昭和中期、昭和後期の日本の政治のあり方に関わります。彼らの生き方を通して、私たちは戦後政治の原点を確かめる必要があるでしょう。

第4回 1月20日(金) 「池田勇人と田中角栄」

高度成長経済を進めた池田とそれをさらに拡大しようとした田中の間には共通点があります。物量が日本人の幸福の尺度になるという考え方がそれです。その点を考えます。

第5回 2月17日(金) 「大平正芳と中曽根康弘」

昭和50年代を動かしたこのふたりの首相は、体質がまったく異なりますが、しかし国益という考えについては、共通点もあります。昭和を締め括っていく首相の政治観を見つめてみます。
会場・アクセス同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
交通アクセス
お問合せ先:同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 FAX:03-6228-7262  
E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp
受講料5回一括15,000円
定員100名
申込方法以下のいずれかの方法でお申し込みください。
WEB申込みはこちら(同志社東京HUBサイト)から 
受講申込書 [PDF 429KB]をFAX(03-6228-7262)で送付
お申込み・受講に関する注意事項・定員になり次第、受付を締めきります。
・受講料は、開講日に受付でお支払いください。
・開講後の受講料:お支払い後の払い戻しはいたしません。
・開講が決まりましたら、事務局より受講票を郵送いたします。
・各講座には開講最少人数を設定しております。万が一、お申込数が達しない場合は開講しない場合があります。予めご了承ください。
・万が一、開講出来ない場合は、開講の1週間前までに受講票をお送りした方にご連絡いたします。
・受講票(ハガキ)は1講座1枚です。受講時に受付にお出しください。
・全回ご出席の方には修了証を最終回にお渡しいたします。
・休講・補講について、講師の都合および事故、台風、天災、交通機関ストライキ等によりやむを得ず休講する場合があります。また、休講が事前に判明した場合は同志社大学HPおよび同志社TOKYOHUBサイトに掲載し各個人にメールにてお知らせし補講等の対応をいたします。
・受講に際して、講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、マナーモードにしてください。講座の録音、録画、写真撮影はお断りいたします。
このページの先頭へ