Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

同志社講座2016 春学期

源氏物語 花散里の巻を読む(全5回)

講座概要
源氏物語は54の巻から成り立っています。長い巻もあれば、短い巻もあります。そのなかで最も短い巻は、花散里(はなちるさと)の巻です。短い理由は、講座で説明します。その巻を全4回にわたり、通読します。現代語訳と頭注が付いたテキストを使います。全部で5ページしかありません。一回につき、約1ページずつ読んでいきます。古文を読みながら、当時の習慣や儀礼なども、お話しします。この巻に登場する人物は、光源氏を除くと、この巻で初めて登場する人たちばかりです。ですから、それまでの人物関係などを知らなくても、理解できます。昼下がりのひと時を、ご一緒に源氏物語を読みましょう。
【特別企画 冷泉家見学】
平安時代より「和歌の家」として伝統を守り伝える冷泉家は、今もお住まいの住宅が重要文化財に指定されています。一般公開期間を設けられる場合もありますが普段は非公開です。本講座第5回は、「冷泉家」を訪問いたします。公益財団法人冷泉家時雨亭文庫の方によるご案内で、室内にあがって見学ができます。
※冷泉家見学は、第1回~第4回の受講者のみ対象で、第5回のみのお申込みはできません。現地までの往復旅費は各自負担です。各自でご手配ください。
日程
2016年9月1日(木)第1回 13:00~14:30  第2回 14:45~16:15 ※1日に2コマの集中講座です。
2016年9月8日(木)第3回 13:00~14:30  第4回 14:45~16:15 ※1日に2コマの集中講座です。
2016年9月26日(月)第5回 特別企画 冷泉家見学(同志社大学今出川キャンパス集合。詳細は参加者に別途ご案内いたします。)

講師
岩坪 健(同志社大学文学部教授)
1957年京都市生まれ。1981年京都大学文学部国語学国文学科卒。1989年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。1991年「源氏物語古注釈の研究 -中世源氏学の流れ-」で文学博士。1989年「源氏物語の二段階伝授について-河内方と四辻善成・一条兼良をめぐって」で第16回日本古典文学会賞受賞。2014年『源氏物語の享受 注釈・梗概・絵画・華道』で第15回紫式部学術賞を受賞。近著『「しのびね物語」注釈』(和泉書院 2015)
岩坪教授
会場・アクセス同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室
※第5回目の特別企画冷泉家見学は、同志社大学今出川キャンパス集合。詳細は参加者に別途ご案内いたします。
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
交通アクセス
受講料5回一括12,000円、各回3,000円
定員70名
申込方法以下のいずれかの方法でお申し込みください。
WEB申込みはこちら(同志社東京HUBサイト)から 
受講申込書 [PDF 142KB]をFAX(03-6228-7262)で送付
お申込み・受講に関する注意事項・定員になり次第、受付を締めきります。
・第1~4回は講師よりレジュメを配布いたします。
・受講料は講座当日に受付でお支払いください。
・開講後の受講料お支払い後の払い戻しはいたしません。
・万が一開講出来ない場合は、開講の1週間前までにお申込みをされた方にご連絡いたします。
・受講票(ハガキ) は1講座1枚です。受講時に受付にご提示く ださい。
・全回ご出席の方には修了証を最終回にお渡しいたします。
・休講 ・補講について、①講師の都合および事故、台風、天災、交通機関ストライキ 等によりやむを得ず休講する場合があります。②休講が事前に判明した場合は同志社大学 HP および同志社 TOKYO HUBサイトに掲載しメールにてお知らせし補講等の対応をいたします。
・受講に際して、①講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、マナ-モー ド にしてください。②講座の録音、録画、写真撮影はお断りいたします。
お問合せ先同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp
東京オフィスオリジナルサイト
このページの先頭へ