Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 同志社大学で学びたい方へ
  3.  > 生涯学習
  4.  > 同志社講座 in Tokyo 2015 秋学期
  5.  > ナショナリズムと国家2 トランスクリティーク

同志社講座 in Tokyo 2015 秋学期

ナショナリズムと国家2 トランスクリティーク(全5回)

*定員となりましたので募集を締め切らせていただきます。多数のご応募有難うございました。
講座概要
ベネディクト・アンダーソン『比較の亡霊』とアーネスト・ゲルナー『民族とナショナリズム』のトランスクリティークを通じて、21世紀においてもナショナリズムが人々の心をとらえ、突き動かす構造を解き明かす。同時にアンダーソン、ゲルナー両人の道具主義的アプローチの限界を明確にする。
日程
2015年10月21日、11月11日、12月16日、2016年1月13日、2月10日(すべて水曜日)全5回 18:30~20:00
講師
佐藤 優 氏(作家、元外務省主任分析官)
1960年東京都生まれ。1985年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2009年外務省を失職。2005年『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。2006年『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『獄中記』『交渉術』『同志社大学神学部』など著作多数。最新刊に『知性とは何か』(祥伝社新書) 『知の教室 教養は最強の武器である』(文春文庫)がある。
佐藤優氏
受講の条件
ベネディクト・アンダーソン(糟屋啓介也訳)『比較の亡霊 ナショナリズム・東南アジア・世界』作品社2005年、アーネスト・ゲルナー(加藤節訳)『民族とナショナリズム』岩波書店2000年、を毎回持参すること。
各回テーマ

第1回 10月21日(水)

「遠距離ナショナリズム」
アンダーソン『比較の亡霊』の遠距離ナショナリズムに関する言説を取りあげ、北アイルランド、ウクライ
ナの紛争における遠距離ナショナリズムの意味について考察する。

第2回 11月11日(水)

「耐エントロピー」
ゲルナー『民族とナショナリズム』から耐エントロピーとナショナリズムの関係についての言説を取りあげ、構造化された差別とナショナリズムの関係について考察する。

第3回 12月16日(水)

「資本主義と民族」
ゲルナーとアンダーソンが、資本主義と民族の関係をどのように理解しているか、トランスクリティークによって解明する。宇野弘蔵、柄谷行人の資本概念を導きの糸にする。

第4回 1月13日(水)

「ウクライナ紛争」
2014年に始まったウクライナの内戦をゲルナー、アンダーソンの方法に従って読み解いた場合の差異がどのように現れるかを明らかにし、批判的考察を行う。

第5回 2月10日(水)

「沖縄の自己決定権」
沖縄の自己決定権をめぐる諸問題をゲルナー、アンダーソンの方法に従って読み解いた場合の差異がどのように現れるかを明らかにし、批判的考察を行う。
会場・アクセス同志社大学東京オフィス セミナー室
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
交通アクセス(東京オフィス)
受講料全5回一括12,000円 各回3,000円
修了証全5回出席の方に修了証を発行します。
※全回出席の方にお渡しする修了証を3枚集められた方には、次学期以降の講座1回分を無料にいたします。
定員90名 ※お申込みが20名に満たない場合、開講を取りやめることがあります。
申込方法*定員となりましたので募集を締め切らせていただきます。多数のご応募有難うございました。
お申込み・受講に関する注意事項<1>電話でのお申込みはご遠慮ください。
<2>受講者には、受講票をハガキ(1講座1枚)にて送付します。受講時に必ずご持参ください。
<3>受講料は、当日受付でお支払いください。
<4>受講料お支払い後のキャンセルはできません。
<5>講義中の撮影、録音は禁止です。
お問合せ先同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 E-mail: ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp
東京オフィスオリジナルサイト
このページの先頭へ