Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

同志社講座 in Tokyo 2015 春学期

源氏物語と冷泉家(全5回)

講座概要
同志社大学の隣には、江戸時代に建てられた公家屋敷があり、そこには冷泉家が今もお住まいです。当家は鎌倉時代から続く、和歌の家です。冷泉家と源氏物語とは、深い関係があることをお話します。
日程
8月20日、8月27日、9月3日、9月10日、9月17日(すべて木曜日)全5回 14:30~16:00
講師
岩坪 健(同志社大学文学部国文学科教授)
1957年京都市生まれ。81年京都大学文学部国語学国文学科卒。89年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。91年「源氏物語古注釈の研究 -中世源氏学の流れ-」で文学博士。第16回日本古典文学会賞受賞。単著『: 源氏物語古注釈の研究』(和泉書院)『光源氏とティータイム』(新典社)『ウラ日本文学-古典文学の舞台裏-』(新典社)『源氏物語の受容-注釈・梗概・絵画・華道-』(和泉書院。第15回・紫式部学術賞受賞) 編著『: 錦絵で楽しむ源氏絵物語』(和泉書院)など。
岩坪教授
各回テーマ

第1回 8月20日(木)

「源氏物語千年紀」
2008年は源氏物語千年紀でした。千年前に同志社大学の近くで起きたことが、千年紀の契機になりました。

第2回 8月27日(木)

「源氏物語と藤原俊成」
藤原俊成は冷泉家の祖先です。彼は91歳まで生きました。俊成の一言がなければ、源氏物語は現代まで残らなかったかもしれません。

第3回 9月3日(木)

「源氏物語と藤原定家」
藤原定家は藤原俊成の息子です。彼が源氏物語を写さなければ、源氏物語は今とは違う本文になっていたかもしれません。

第4回 9月10日(木)

「源氏物語と阿仏尼」
阿仏尼は藤原定家の息子の嫁です。彼女がいなければ、冷泉家は存在しなかったかもしれません。

第5回 9月17日(木)

「源氏物語と意匠」
源氏物語は華道・茶道・香道にも大きな影響を及ぼしました。また、着物や小物などのデザインにも使われています。
会場・アクセス同志社大学東京オフィス セミナー室
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
交通アクセス(東京オフィス)
受講料全5回一括12,000円 各回3,000円
修了証全5回出席の方に修了証を発行します。
※全回出席の方にお渡しする修了証を3枚集められた方には、次学期以降の講座1回分を無料にいたします。
定員70名 ※お申込みが20名に満たない場合、開講を取りやめることがあります。
申込方法受講申込書 [PDF 467KB]をFAXで送付FAX:03-6228-7262

※お申込み受付後、受講日が近づきましたら「受講票」をお送りします。
お申込み・受講に関する注意事項<1>電話でのお申込みはご遠慮ください。
<2>受講者には、受講票をハガキ(1講座1枚)にて送付します。受講時に必ずご持参ください。
<3>受講料は、当日受付でお支払いください。
<4>受講料お支払い後のキャンセルはできません。
<5>講義中の撮影、録音は禁止です。
お問合せ先同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp
東京オフィスオリジナルサイト
このページの先頭へ