Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

2017年度 社会学部 聴講生

本学では、学部学則により「聴講生」の制度を設けています。それにもとづいて、社会学部では「社会学部聴講生」として下記のとおり受け入れます。

Ⅰ.聴講手続き等

【注意】下記区分で手続等が異なりますので注意してください。

  1. 社会学部が「京(みやこ)カレッジ(大学コンソーシアム京都)」へ提供する科目の聴講を希望する方【A区分】
  2. 社会学部設置科目の聴講を希望する方【B区分】

【A区分】「京(みやこ)カレッジ(大学コンソーシアム京都)」への提供科目の聴講希望者
出願資格
  • 高等学校を卒業した者もしくは通常の課程による12年の学校を修了した者
  • これと同等以上の学力があると認められた者
聴講可能科目「複合領域科目2-92(北朝鮮の歴史と文化)」
出願書類
  1. 京カレッジ出願票(大学コンソーシアム京都の所定用紙)
  2. 最終出身学校の卒業証明書
  3. 写真1枚(タテ3cm×ヨコ3cm)(裏面に氏名を記入のこと)
出願手続詳細は京カレッジ募集ガイド(大学コンソーシアム京都)を参照してください。
審査書類審査
聴講許可および聴講手続聴講許可通知 本人宛郵送にて通知(10月初旬予定)
聴講手続
  • 聴講料(「Ⅱ.費用」を参照)納入(納入方法は別途指示)
  • 写真1枚(フチなし・光沢仕上げのカラー写真タテ3cm×ヨコ2.4cm、 正面・上半身脱帽、裏面に鉛筆で氏名を記入のこと)
*詳細は聴講許可通知送付時に連絡
【B区分】社会学部設置科目の聴講希望者
出願資格
  • 高等学校を卒業した者、もしくは通常の課程による12年の学校を修了した者
  • 本学部においてこれと同等以上の学力があると認めた者
聴講可能科目科目毎の聴講の可否については、「履修要項」の科目表に記載しています。
出願書類
  1. 聴講願(本学所定用紙) 印鑑をご持参ください。
  2. 聴講試験料の納入済証
  3. 最終出身学校の卒業証明書(前年度の聴講生は不要)
  4. 写真2枚(フチなし・光沢仕上げのカラー写真タテ3cm×ヨコ2.4cm、 正面・上半身脱帽、裏面に鉛筆で氏名を記入のこと)
出願手続
  1. 出願期間(期間厳守)
    【秋学期】
    9月15日(金)、19日(火)、20日(水)
    9:00~11:30、12:30~17:00
  2. 出願方法
    聴講試験料(10,000円)を証明書自動発行機で納入し、納入済証を添えて、出願書類一式を社会学部・社会学研究科事務室へ提出してください。
審査と許可
  1. 審査は書類審査によりますが、面接等を必要とする場合があります。
    審査結果は、社会学部掲示板(臨光館1F)に発表します。
    許可を得た方は、所定の手続きを完了してください。
    審査結果発表:秋学期 9月21日(木)
  2. 許可された科目であっても、正規学生の登録がない科目は休講となります。
    この場合、当該科目の登録許可を取り消します。
  3. そのほか、各種の履修規定に抵触することが判明した場合は、登録許可を取り消すことがあります。
聴講手続
  1. 手続期間(期間厳守)
    【秋学期】
    9月21日(木)、22日(金)
    9:00~11:30、12:30~17:00
  2. 手続方法
    (1)
    許可された出願者は社会学部・社会学研究科事務室で聴講願を受け取り、所定の用紙によって科目登録を行い、聴講登録料と聴講する単位数分の聴講料(「Ⅱ.費用」を参照)を資金課の窓口開室時間内(17時まで)に現金にて納入してください。
    (2)
    後日「聴講生証」を社会学部・社会学研究科事務室で受け取ってください。

Ⅱ.費用

聴講試験料聴講登録料聴講料(1単位につき)
10,000円25,000円13,000円

【注意】
  1. 聴講料の総額が当該年度の第1年次の「授業料及び教育充実費の合計額」を超えるときは、その額とします。
  2. 本学出身者および前年度より継続(前年度に科目等履修生であった方を含む)の聴講生の聴講登録料は2分の1とします。
  3. 複数の学部または研究科に併願する場合、試験料は併願数に応じて徴収しますが、登録料は重複して徴収いたしません。
  4. 春学期開講科目のみを聴講の方が、継続して秋学期開講科目の聴講を希望される場合、改めて出願手続を行ってください。ただし、「聴講願」以外の書類および「聴講登録料」は不要です。
  5. A区分の出願者は「聴講試験料」「聴講登録料」の納入は必要ありません。
  6. いったん納入された「試験料」「登録料」「聴講料」は、正規学生の登録者がいないため休講となった場合を除き返還いたしません。
  7. 聴講料とは別に実習・演習費を必要とする科目があります。

Ⅲ.その他

  1. 前年度から引き続き聴講を希望する場合でも、年度ごとに改めて同様の手続きを必要とします。
  2. 必要な場合には「聴講生証明書」を発行しますが、「通学証明書」「学生旅客鉄道運賃割引証明書」などの発行はいたしません。
  3. 聴講生は単位を修得することはできません。また、「成績証明書」は発行いたしません。
  4. 聴講生は図書館およびパソコン・インターネット等を利用することができます。利用手続きは図書館およびITサポートオフィスで行ってください。
  5. 聴講期間は9月21日から翌年3月31日までとします。

お問い合わせ

社会学部・社会学研究科事務室

TEL:075-251-3411
FAX:075-251-3031
E-mail:ji-shajm@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

財務部資金課

TEL:075-251-3150
FAX:075-251-3090
E-mail:ji-sikin@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

このページの先頭へ