Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

長期履修学生制度

博士課程(前期課程)における長期履修学生制度の取り扱い

長期履修学生制度とは、職業を有している等の事情により、標準修業年限である2年間では大学院の教育課程の履修が困難な者に限り、最長6年間で計画的に教育課程を履修し、修了する制度です。

  1. 制度適用研究科
    文学、社会学、経済学、総合政策科学、文化情報学、生命医科学、スポーツ健康科学、心理学、グローバル・スタディーズ研究科
  2. 申請資格
    ①職業を有している者
    ②育児、長期介護等の事情により、標準修業年限で修了することが困難な者
    その他やむを得ない事情(身体の障がい、疾病等)を有し、標準修業年限で修了することが困難であると研究科長が認めた者
  3. 履修期間
    履修の期間は、1年を単位として、3年以上6年まで認めます。
  4. 申請書類
    長期履修申請書 [Word 39KB]
    申請資格を証明する書類
    必要書類については、研究科事務室までお問い合わせください。問合せのないまま、提出されたものは受理できません。
  5. 申請方法
    所定の申請手続きがありますので、研究科の定めた期日までに研究科事務室までお問い合せください。
  6. 学生納付金
授業料(および実験実習料)標準修業年限の総額を長期履修許可年限で除した額
教育充実費標準修業年限の間は、所定の額。それ以降は、半額

詳細は 長期履修学生 学生納付金の納入について を参照してください。

博士課程(後期課程)における長期履修学生制度の取り扱い

長期履修学生制度とは、職業を有している等の事情により、標準修業年限である3年間では大学院の教育課程の履修が困難な者に限り、最長6年間で計画的に教育課程を履修し、修了する制度です。

  1. 制度適用研究科
    文学、社会学、経済学、総合政策科学、文化情報学、生命医科学、心理学、グローバル・スタディーズ研究科
  2. 申請資格
    ①職業を有している者
    ②育児、長期介護等の事情により、標準修業年限で修了することが困難な者
    その他やむを得ない事情(身体の障がい、疾病等)を有し、標準修業年限で修了することが困難であると研究科長が認めた者
  3. 履修期間
    履修の期間は、1年を単位として、4年以上6年まで認めます。
  4. 申請書類
    長期履修申請書 [Word 39KB]
    申請資格を証明する書類
    必要書類については、研究科事務室までお問い合わせください。問合せのないまま、提出されたものは受理できません。
  5. 申請方法
    所定の申請手続きがありますので、研究科の定めた期日までに研究科事務室までお問い合せください。
  6. 学生納付金
授業料(および実験実習料)標準修業年限の総額を長期履修許可年限で除した額
教育充実費標準修業年限の間は、所定の額。それ以降は、半額

詳細は 長期履修学生 学生納付金の納入について を参照してください。

一貫制博士課程における長期履修学生制度の取り扱い

長期履修学生制度とは、職業を有している等の事情により、標準修業年限である5年間では大学院の教育課程の履修が困難な者に限り、最長8年間で計画的に教育課程を履修し、修了する制度です。

  1. 制度適用研究科・専攻
    総合政策科学研究科 技術・革新的経営専攻
  2. 申請資格
    ①職業を有している者
    ②育児、長期介護等の事情により、標準修業年限で修了することが困難な者
    その他やむを得ない事情(身体の障がい、疾病等)を有し、標準修業年限で修了することが困難であると研究科長が認めた者
  3. 履修期間
    履修の期間は、1年を単位として、6年以上8年まで認めます。
  4. 申請書類
    長期履修申請書 [Word 39KB]
    申請資格を証明する書類
    必要書類については、研究科事務室までお問い合わせください。問合せのないまま、提出されたものは受理できません。
  5. 申請方法
    所定の申請手続きがありますので、研究科の定めた期日までに研究科事務室までお問い合せください。
  6. 学生納付金
授業料標準修業年限の総額を長期履修許可年限で除した額
教育充実費標準修業年限の間は、所定の額。それ以降は、半額

詳細は 長期履修学生 学生納付金の納入について を参照してください。

一貫制博士課程(転入学)における長期履修学生制度の取り扱い

長期履修学生制度とは、職業を有している等の事情により、標準修業年限である3年間では大学院の教育課程の履修が困難な者に限り、最長6年間で計画的に教育課程を履修し、修了する制度です。

  1. 制度適用研究科・専攻
    総合政策科学研究科 技術・革新的経営専攻
  2. 申請資格
    ①職業を有している者
    ②育児、長期介護等の事情により、標準修業年限で修了することが困難な者
    その他やむを得ない事情(身体の障がい、疾病等)を有し、標準修業年限で修了することが困難であると研究科長が認めた者
  3. 履修期間
    履修の期間は、1年を単位として、4年以上6年まで認めます。
  4. 申請書類
    長期履修申請書 [Word 39KB]
    申請資格を証明する書類
    必要書類については、研究科事務室までお問い合わせください。問合せのないまま、提出されたものは受理できません。
  5. 申請方法
    所定の申請手続きがありますので、研究科の定めた期日までに研究科事務室までお問い合わせください。
  6. 学生納付金
授業料標準修業年限の総額を長期履修許可年限で除した額
教育充実費標準修業年限の間は、所定の額。それ以降は、半額

詳細は 長期履修学生 学生納付金の納入について を参照してください。
このページの先頭へ