Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 同志社大学で学びたい方へ
  3.  > 学部入試
  4.  > 文学部
  5.  > OB・OG MESSAGE 卒業生メッセージ(文学部:加納さん)

OB・OG MESSAGE 卒業生メッセージ

文学部

株式会社JTB西日本 インバウンド事業部 営業開発課
加納 和 さん

大学で培った英語力と文化への理解が海外顧客との対話に活きる

 将来、海外で活動する素地をつくるため、英文学科を選びました。必修科目の「Listening」「Speaking」「Reading」「Writing」は、予習や準備が大変でしたが、基礎をしっかりと培うことができました。数多くの実践的な授業や、1年間のオーストラリア留学を通し、異なる価値観や文化を理解し受け入れる姿勢が養われました。帰国後は、赤松信彦先生のゼミへ。卒業論文では50人以上の留学生に英語でのアンケート調査を行い、同じ意味を表す文章でも、英語と日本語では主語や動詞の選び方が違うなど、言語表現と認知の関係について研究を行いました。最後までやり抜くことができたのは、赤松先生の親身なご指導のおかげです。卒業後は「海外の方に日本の魅力を伝えたい」と旅行会社に就職。現在は、企業や自治体へのインバウンド関連事業の営業や、訪日外国人に向けて旅行プランなどを企画・提案しており、電話やメールのやりとりの多くは英語です。大学時代に得た幅広い知識、先生方や仲間のサポートは、今の私を支える大きな力となっています。
加納 和 さん
2011年 文学部英文学科 卒業
 和歌山支店に4年間勤務後、JTBオーストラリアでの1年間の勤務を経て、帰国後インバウンド事業部に配属された。「留学や海外インターンシップは新しい価値観に触れる絶好の機会です。大学の4年間を最大限に活かし、色々なことにチャレンジを」と語る。
このページの先頭へ