Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 教職員募集
  3.  > 特定任用研究員採用(脳科学研究科)

特定任用研究員(脳科学研究科)

神経発生分子機能部門 特定任用研究員 公募

募集職名助教(有期研究員)ないし准教授(有期研究員)
所属同志社大学研究開発推進機構 大学院高度化推進支援センター
募集人数1名
職務内容および専門研究領域博士論文作成等にかかる教育・研究活動の補助や実験室の管理運営等、脳科学研究科の教育・研究の支援に積極的に従事していただきます。
神経幹細胞、神経細胞など脳機能素子の発生・発達の原理、分子細胞メカニズムに関して、遺伝学、分子生物学、生理学、発生学など複数の手法を用いて研究を行うことにより、自発的にプロジェクトを推進する知識、技能を有する者とします。
応募資格以下の条件を満たす方。
  1. 他の常勤的な職に就いていない者。
  2. 博士の学位を有する者。または着任時に博士の学位を取得見込の者。
  3. 大学教員としての見識ならびに良識を有する者。
  4. 国籍は問わないが、本学の研究、教育および日常業務に支障のない日本語運用能力を有する者。
  5. 着任以後、近畿圏内に居住し、下記勤務場所に通勤可能な者。
任期1年更新とし、最長5年(2024年3月31日まで)が限度となります。
但し、勤務実績、予算の状況、特定のプロジェクト又は特定の業務の存続期間等を勘案し、通算雇用期間10年以内で、審査のうえ、更新する場合があります。
なお、通算雇用期間について、同志社大学有期雇用教員の採用に関する規程により、過去に学校法人同志社との間で締結された有期労働契約の契約期間(本学在学中に大学と締結した有期労働契約(TA、RA等)期間は除く)がある場合は、2013年4月1日以降の在職期間を通算して10年が限度となります。
「研究開発システムの改革の推進等による研究開発能力の強化及び研究開発等の効率的推進等に関する法律」の第15条の2による労働契約法の特例の対象者となります。
採用予定日2019年 4月 1日
給与同志社大学特定任用研究員任用規程および同志社大学特定任用研究員の給与等に関する規程により、本俸、期末手当、家族手当、住宅手当、通勤手当、日本私立学校振興・共済事業団掛金補助を支給します。
勤務場所同志社大学京田辺キャンパス 脳科学研究科神経発生分子機能部門(部門長 元山 純)
(京都府京田辺市多々羅都谷1-3)
応募書類以下の書類をE-Mailでお送りください。ファイル全体の容量が10MBを越える場合は、メールをあらかじめ、分割していただき、1メールあたりのサイズを10MB以下としていただいたうえ、メールのタイトルに内容を明示の上、お送りください。
  1. 履歴書(様式自由、高卒以降、写真添付、連絡先明記)
  2. 業績書(様式自由)。主要論文3編に○をつけること
  3. 主要論文等のPDFファイル
  4. これまでの研究概要(A4、2枚程度)
  5. 着任後の研究に関する抱負(A4、1枚程度)
  6. 応募者についての所見を求めることができる方3名の氏名と連絡先(所属、住所、電話番号、E-Mailアドレス)
選考方法
  1. 第一次審査(書類選考)(審査結果は、第二次審査を受けていただく方にのみ、2018年9月14日(金)までに通知します。)
  2. 第二次審査(面接)(面接場所は同志社大学京田辺キャンパスです。交通費は自己負担になります。審査結果は、面接終了後、速やかに本人に通知します。) 
第二次審査後、同志社大学研究開発推進機構人事委員会及び同志社大学部長会の議を経て決定します。最終的な採用決定は2019年1月下旬の予定です。
応募締切2018年 8月 31日(金)17時(必着) 場合によってはこれより早く締め切ることがあります。
応募書類の提出先および照会先〒610-0394
京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学京田辺キャンパス 脳科学研究科 神経発生分子機能部門 元山 純
ホームページ:http://brainscience.doshisha.ac.jp/introduction/mol/dn.html
E-Mail:jmotoyam@mail.doshisha.ac.jp
(応募書類受信後、受け取り確認の返信メールを差し上げます。)
その他
  1. 応募に際してご提供いただきました個人情報は、採用の選考資料としてのみ利用し、個人情報保護法に基づき、適正に取り扱わせていただきます。
  2. 入社前に、労働安全衛生規則に準じて健康診断を実施します。
  3. 採用決定後、応募資格が満たされないことが判明した場合は、採用を取り消す場合がありますので、あらかじめご了承ください。

チャネル病態生理部門  特定任用研究員 公募

募集職名助教(有期研究員)ないし准教授(有期研究員)
所属同志社大学研究開発推進機構 大学院高度化推進支援センター
募集人数2名
職務内容および専門研究領域博士論文作成等にかかる教育・研究活動の補助や実験室の管理運営等、脳科学研究科の教育・研究の支援に積極的に従事していただきます。
「軸索タンパク質・タウによるアルツハイマー病病理メカニズム」あるいは「神経軸索の機能制御メカニズムと病理的破綻」についての研究プロジェクトを推進するための専門知識・技能を有する者とします。
応募資格以下の条件を満たす方。
  1. 他の常勤的な職に就いていない者。
  2. 博士の学位を有する者。または着任時に博士の学位を取得見込の者。
  3. 大学教員としての見識ならびに良識を有する者。
  4. 国籍は問わないが、本学の研究、教育および日常業務に支障のない日本語運用能力を有する者。
  5. 着任以後、近畿圏内に居住し、下記勤務場所に通勤可能な者。
任期1年更新とし、最長5年(2024年3月31日まで)が限度となります。
但し、勤務実績、予算の状況、特定のプロジェクト又は特定の業務の存続期間等を勘案し、通算雇用期間10年以内で、審査のうえ、更新する場合があります。
なお、通算雇用期間について、同志社大学有期雇用教員の採用に関する規程により、過去に学校法人同志社との間で締結された有期労働契約の契約期間(本学在学中に大学と締結した有期労働契約(TA、RA等)期間は除く)がある場合は、2013年4月1日以降の在職期間を通算して10年が限度となります。
「研究開発システムの改革の推進等による研究開発能力の強化及び研究開発等の効率的推進等に関する法律」の第15条の2による労働契約法の特例の対象者となります。
採用予定日2019年 4月 1日
給与同志社大学特定任用研究員任用規程および同志社大学特定任用研究員の給与等に関する規程により、本俸、期末手当、家族手当、住宅手当、通勤手当、日本私立学校振興・共済事業団掛金補助を支給します。
勤務場所同志社大学京田辺キャンパス 脳科学研究科 チャネル病態生理部門(部門長 御園生 裕明)
(京都府京田辺市多々羅都谷1-3)
応募書類以下の書類をE-Mailでお送りください。ファイル全体の容量が10MBを越える場合は、メールをあらかじめ、分割していただき、1メールあたりのサイズを10MB以下としていただいたうえ、メールのタイトルに内容を明示の上、お送りください。
  1. 履歴書(様式自由、高卒以降、写真添付、連絡先明記)
  2. 業績書(様式自由)。主要論文3編に○をつけること
  3. 主要論文等のPDFファイル
  4. これまでの研究概要(A4、2枚程度)
  5. 着任後の研究に関する抱負(A4、1枚程度)
  6. 応募者についての所見を求めることができる方3名の氏名と連絡先(所属、住所、電話番号、E-Mailアドレス)
選考方法
  1. 第一次審査(書類選考)(審査結果は、第二次審査を受けていただく方にのみ、2018年9月14日(金)までに通知します。)
  2. 第二次審査(面接)(面接場所は同志社大学京田辺キャンパスです。交通費は自己負担になります。審査結果は、面接終了後、速やかに本人に通知します。) 
第二次審査後、同志社大学研究開発推進機構人事委員会及び同志社大学部長会の議を経て決定します。最終的な採用決定は2019年1月下旬の予定です。
応募締切2018年 8月 31日(金)17時(必着) 場合によってはこれより早く締め切ることがあります。
応募書類の提出先および照会先〒610-0394
京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学京田辺キャンパス 脳科学研究科 チャネル病態生理部門 御園生 裕明
ホームページ:http://brainscience.doshisha.ac.jp/introduction/pat/cp.html
E-Mail:hmisono@mail.doshisha.ac.jp
(応募書類受信後、受け取り確認の返信メールを差し上げます。)
その他
  1. 応募に際してご提供いただきました個人情報は、採用の選考資料としてのみ利用し、個人情報保護法に基づき、適正に取り扱わせていただきます。
  2. 入社前に、労働安全衛生規則に準じて健康診断を実施します。
  3. 採用決定後、応募資格が満たされないことが判明した場合は、採用を取り消す場合がありますので、あらかじめご了承ください。
このページの先頭へ