Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 教育・図書館
  3.  > PBL推進支援センター

PBL推進支援センター

PBL教育と研究のネットワーク(PBL:Project-Based Learning)

情報社会の中で育った現代の学生は、情報処理能力等に優れている反面、異年齢集団によって構成される実社会の中での現場体験が乏しく、既知の情報あるいは技能を問題解決のために適切に運用する課題探求能力が低いという特徴が、年を追う毎に浮き彫りになってきています。このため、大学教育においても、情報・技能修得重視の「インプット重視型」に加えて、課題探求能力を育成する「アウトプット重視型」教育の一層の充実が強く求められるようになっています。「良心教育」を建学の精神とする本学は、「正しいことを知る」だけではなく、「正しいことを実行できる」人材を育成するという現代の教育的課題に進んで取り組むことが教育的使命であると判断しました。

本学では、平成16年度より、「社会の教育力を大学に」をスローガンに掲げ、幅広い学びの保証を目的として、担当者公募制度を導入して、プロジェクト科目約25クラスを正課科目として全学部に提供することを決定し、長年に亘って築き上げてきた地域社会との連携を基盤として、地域社会が潜在的に有する教育力を大学が積極的に活用し、異年齢集団によって構成される学びの共同体の中で、プロジェクト・リテラシーを有する学生の育成に努めてきました。さらに、現在は、学部・研究科の専門科目の分野においてもPBLが積極的に導入されており、課外活動やキャリア支援においてもPBLが展開されています。

しかしながら、現在、学内外で展開されているPBLは多種多様であり、体系的な理論構築がなされておらず、高等教育におけるPBLの手法もまだ確立されていません。学士課程教育の質保証の観点から、単位制度の実質化と成績評価基準の明確化にもさらに積極的に取り組む必要があります。さらに、プロジェクト・リテラシーを養成するには、社会連携型のPBLによる実践的・総合的な幅広い学びの保証と双方向型学習における振り返りとフィードバックが不可欠です。そこで、上記の課題に組織的に取り組むためには、プロジェクト科目を中心にした学習環境の整備と、多様なPBLについての方法論的な検証が必要であると判断し、これまでの取組の中で得られた成果と課題を踏まえ、教育方法としてのPBLの理論と実践を推進する拠点「PBL推進支援センター」を本学内に設置することとしました。
所在地
今出川キャンパス 良心館
〒602-8580 京都市上京区今出川通り烏丸東入
交通アクセス(今出川キャンパス)
キャンパスマップ(PBL推進支援センター:良心館)

お問い合わせ

PBL推進支援センター(今出川校地教務課内)

TEL:075-251-4630
FAX:075-251-3064
E-mail:ji-pbl@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

さらに詳しい情報はPBL推進支援センターでご案内しています。

PBL推進支援センターオリジナルサイトでは、以下の情報もご案内しています。

  • センター概要
  • 事業内容の詳細について
  • 過去の取組
  • 組織体制
  • PBL推進協議会
  • 参考資料
このページの先頭へ