Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 大学紹介
  3.  > 良心教育と教育理念

良心教育と教育理念

良心教育をめざして

同志社教育の原点は「良心」といえます。創立者の新島襄は誰よりも「良心」を高く評価しました。新島は9年間におよんだ欧米での生活を通して、キリスト教、とくにプロテスタントが文化や国民に与えた精神的感化がいかに巨大であるかを体得して帰国しました。そのひとつが「良心」で、これは「人間の目」ではなく、「神の目」を意識して初めて芽生えるものといえます。
つまり宗教をベースにした教育によってもっとも有効に触発されると考えられます。
新島から見て、日本の教育は智育に力を入れる半面、「心育」、今の言葉では「こころの教育」が疎かにされているといえます。
新島には、人は宗教的教育により「良心」を育みようやく「人間」となる、との信念がありました。
同志社大学から「精神なき専門家」(マックス・ウェーバー)や、「良心なき逸材」を生むつもりはありませんでした。「同志社大学設立の旨意」で、「一国の良心」を育成したい、と謳ったのもそのためといえます。新島は一学生への手紙の中で「良心の全身に充満したる丈夫(ますらお)の起り来(きた)らん事を」 (良心が全身に充満した青年が現れることを)望んでやまない、と書いています。
この一節は、新島が期待する生徒像を鮮明にあらわしています。この言葉は「良心碑」に彫られ、同志社大学正門近くを始め、日米に9基存在しています。「良心教育」が同志社の建学の精神です。
良心碑

良心碑

連綿と続く歴史の中で磨かれてきた独自の教育理念。
その実現に向かって、志は一つになる。

「キリスト教主義」「自由主義」「国際主義」とは、同志社における教育理念です。「一国の良心」ともいうべき人物を養成するために始まった同志社の教育は、時代が移り変わろうとも、その理念を変化させるのではなく、より深く見つめ、問い直すことによって踏み固め、いまに受け継いできました。

変化の速い時代だからこそ、時代に流されるのではなく、確かな理念を見つめて取り組んでいく。私たち同志社はその実現のために、志を一つにして次代へ向けて邁進していきます。
一国の「良心」

キリスト教主義

精神と品行を陶冶する活力を身につけ、
知識の修得だけでなく、良心の涵養を促す

創立者新島襄は、周りに流されるのではなく、自分なりに正しい考え方を持ち、変革を自ら実行する人物を育成しようと考えました。また、このような「一国の良心」となる人物は「キリスト教主義」によって育まれると信じ、キリスト教主義に基づく教育を同志社の基本的な方針として実践してきました。

自由主義

自ら行動する力を育み、
一人ひとりに自分の可能性を気づかせる

同志社に受け継がれる、 倜儻不羈(てきとうふき)という言葉は、才気がすぐれ、独立心が旺盛で、常軌では律しがたいことを意味します。同志社では一方的に指導するというスタンスではなく、生徒の可能性を信じて、個性を大切にし、一人ひとりが自発的に行動して自分の力を発揮できるよう努めてきました。

国際主義

外国語を話せるだけでなく、
異なる価値観を受け入れ、
そこから「何か」を見出せる人を育む

新島襄はアメリカでの勉学や視察を通して教育の重要性に目覚め、同志社を設立しました。そのような歴史を持つ同志社では世界に目を向けて学ぶ姿勢を重視、単にコミュニケーションの道具としての外国語を学ぶだけでなく、世界の文化にふれ、お互いの違いを認め合う学びを実践しています。
このページの先頭へ