Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 大学紹介
  3.  > 経営情報

経営情報

2016年度 大学予算について

 世界経済の不透明さが強まる中で、国内の経済指標は緩やかに改善しているといわれるものの、デフレからの脱却による景気回復を実感するには未だ至っていません。私立大学は、18歳人口が再び減少に転じる競争激化の時代が迫る中、私立大学等経常費補助金が不交付となる入学定員充足率の基準が段階的に引き下げられ、経営環境はますます厳しさを増しています。一方、予測困難な時代の中で、社会からはどのような状況にも対応できる多様な人物の育成が大学に強く求められています。本学は、これからもその期待に応えるべく、財政基盤の安定化を図り、建学の精神に基づく教育研究のさらなる発展に努めていかなければなりません。
 2016年度は、同志社の原点を見つめ直し、10年後へ向けさらなる飛躍を目指して、「同志社大学ビジョン2025」の6つの優先課題から具体的施策を検討し、中期目標を達成するまでのアクション・プランに取り組んでいきます。教学面では、グローバル教育センターを新設し、外国語による授業の実施と教養教育の充実を促進します。さらにグローバル・リベラルアーツ副専攻を置き、揺るぎない志を現代的に解釈し、社会の変化や多様性に大胆かつ柔軟に対応することのできる人物の養成を目指します。また、「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」への取り組みも引き続き推進していきます。
 教育研究環境の整備では、新教務システムの開発や統合運用管理システムのリプレースのほか、京田辺校地での学習支援環境の整備充実に向けて取り組みます。学生支援の面では、ボランティア活動への支援の取り組みを進めるとともに、今後の学生寮の在り方についての検討を進めます。また、情報発信の一層の強化や社会との連携の深化、プレゼンス向上などに努めるため、リブランディング事業に継続的に取り組みます。以上の方針のもと、計画性を重視して限られた財源を効率的に配分することを大原則に予算を編成しています。

大学財政の詳しい情報PDFでご案内しています。


お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

さらに詳しい情報は学校法人同志社でご案内しています。

学校法人同志社ウェブサイトでは、以下の情報も掲載しています。

  • 同志社のあゆみ
  • 同志社の事業
  • 事業報告書
  • 同志社の教育理念
  • 同志社の一貫教育
  • 同志社の財政
  • 同志社スピリット
  • 同志社データ
このページの先頭へ