Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
トピックス
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2014年度のトピックス一覧
  3.  > 体育会日本拳法部 第27回全・日本拳法女子個人選手権大会 松岡里帆子(商4)優勝

トピックス

体育会日本拳法部 第27回全・日本拳法女子個人選手権大会 松岡里帆子(商4)優勝

'14年9月30日 更新
無敵の女拳士、松岡。総合選手権も制す。

9月14日に開催された日本拳法の最高の大会、総合選手権大会で松岡里帆子(商4)が初優勝。松岡は昨年10月の学生王座から今年6月の西日本個人そしてこの大会と、この1年間個人戦全勝で連勝街道を突き進んでいる。
松岡は、準々決勝で昨年の高校王者脇山(関西大)、準決勝で昨年のこの大会の覇者三木(関西大)にそれぞれ快勝、決勝では今大会絶好調で、赤井、枡田と同志社の誇る女王2人を倒した近藤(関西大)と対戦した。試合は、大熱戦となり、通常の試合時間2分を大幅に超える7分余りが経過して、両者に疲労の影が大きく出始めたその瞬間、相手の一瞬のスキを見逃さず松岡が、直面蹴りを相手の顎にクリーンヒットさせ、激闘を制した。
この結果、10月の学生個人も制すれば、数々のレジェンド女拳士が成し得なかった、前人未到の大偉業、年間完全制覇の達成も現実のものとなりつつある。

体育会日本拳法部コーチ 福岡 今日一

写真