Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
ニュース
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2017年度のニュース一覧
  3.  > 『私たちが社会の意識を変えていく!』商学×メディアテクノロジーで移植医療を変える!

プレスリリース

『私たちが社会の意識を変えていく!』商学×メディアテクノロジーで移植医療を変える!

'17年6月5日 更新
同志社大学(京都市上京区)商学部の瓜生原葉子研究室では、6月15日、富山国際大学付属高等学校(富山県富山市)メディア・テクノロジー部の生徒と合同、で「移植医療」をテーマとした 研究会を開催します。今年で3年目を迎える本会では、今までの研究結果を基に実践して意思表示を促進した『MUSUBUキャンペーン』の成果、低年齢層向けに人体や移植医療への関心を高めるデジタル絵本や3Dプリンタなどを用いた教材の発表を、プレスカンファレンス形式で行います。
また、グリーンリボンデー※に行う京都府、および関連団体との共同企画『MUSUBU2017』  について発表致します。

第5回SYVPソーシャルマーケティング研究会(第3回SYVP高大連携研究会)

日時2017年6月15日(木)15:00~18:30
会場同志社大学 今出川キャンパス 良心館3階 RY305教室
主催同志社大学商学部 瓜生原研究室Share Your Value Project
共催同志社大学ライフリスク研究センター
後援京都府、日本移植学会

毎年10月16日は「グリーンリボンデ―」。家族や大切な人と共に臓器移植や臓器提供について話し合い、お互いの意思を確認する記念日です。それに合わせ、今年10月15日(日)に京都府、および関連団体と 共同で『MUSUBU2017』を行う予定です。

プログラム (予定)
第一部 プレスカンファレンス
15:00-15:10
開催の挨拶、趣旨説明
15:10-15:40
「社会に望ましい行動へと導くソーシャルマーケティング 
~『MUSUBUキャンペーン』を一例として~」同志社大学商学部 瓜生原研究室
15:40-16:10
「子供の科学リテラシーを育てるための科学コミュニケーション」
富山国際大学付属高校 メディア・テクノロジー部
16:10-16:20
全体討議
16:20-16:35
京都府、および関連団体との協働企画 『MUSUBU2017』について
同志社大学商学部 瓜生原研究室
16:35-16:50
休憩

第二部 ヘルスコミュニケーション合同ワークショップ
16:50-18:25
合同ワークショップ「新しいヘルスコミュニケーションツールの創出」
18:25-18:30
閉会の辞

(シェア・ユア・バリュー・プロジェクト)とは
マーケティングの手法を用いて、人々の意識や行動を変え、社会課題の解決を目指してアクション リサーチ行う、同大学商学部瓜生原研究室内の組織です。私たちは、多様な考えや価値観を互いに尊重し合い、共有できる社会の実現を目指しています。現在、臓器提供について、「する・しない」を 問わず意思表示を促すための活動を、行動科学の理論と研究結果に基づいて行っています。

なぜ『臓器提供の意思表示』なのか
日本の移植医療技術は世界最高水準ですが、脳死・心停止下臓器提供者数は世界最低レベルにあり、治療機会の逸失という深刻な 社会課題に直面しています。その解決策の一つが、国民一人一人が、移植医療について関心を持ち、正しい知識を得て意思決定し、意思表示を行い、大切な人と共有することです文献1)。日本では、マイナンバーカード、健康保険証、運転免許証、意思表示カード、インターネット登録など、意思を表示する手段は世界で最も多いにもかかわらず、国民の意思表示率は12.6%にすぎません(2013年度内閣府調査)。 
Share Your Value Projectは、このような社会課題の解決に向けて活動を行っています。
文献1) 瓜生原葉子(2012) 『医療の組織イノベーション -プロフェッショナリズムが移植医療を動かす-』中央経済社


『高大連携』の狙い
意思表示可能年齢に達した高校生、および保険証、運転免許証など、意思表示媒体を新しく入手する機会が最も多い大学生が、「いのちについて考え、意思表示を行い、家族と共有する」ことの大切さを発信することは、同年代への普及を促進します。さらに、小学生が家族と話す機会を生みだすことで、さらに多くの年代への普及が促進されることを目指しています。
『私たちが社会の意識を変えていく!』商学×メディアテクノロジーで移植医療を変える!

(第2回SYVP高大連携研究会より)

お問い合わせ先
【この件に関するお問い合わせ】
同志社大学商学部 瓜生原葉子(うりゅうはら ようこ)
TEL:075-251-3740、E-Mail:yuryuhar@mail.doshisha.ac.jp