Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
トピックス
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2017年度のトピックス一覧
  3.  > 【京田辺校地♭プログラム】~出張CLAP in 京田辺~「コマ撮りアニメーションワークショップ作品上映会」を開催しました。

トピックス

【京田辺校地♭プログラム】~出張CLAP in 京田辺~「コマ撮りアニメーションワークショップ作品上映会」を開催しました。

'17年7月26日 更新
7月21日、京田辺校地ローム記念館劇場空間において、学生支援センター主催~出張CLAP in 京田辺~「コマ撮りアニメーションワークショップ作品上映会」が開催されました。

CLAP(クラップ)とは今出川校地学生支援センター主催のプログラム。コマ撮りアニメーションワークショップは、本学学生がスマートフォンアプリを使用して撮影し、映像作品化するワークショップとして、2016年から開催されています。

今回は7月16日に今出川校地で開催された完成披露上映会を、京田辺校地♭(ふらっと)プログラムと共催で、出張形式により開催。作品上映に合わせて、参加学生によるメイキングトーク、そして実撮影で使われたキャラクターや撮影セット、絵コンテの展示もされました。

まずは、2016年度に制作された片岡はるなさん(経・4)の「シラナイコト」と、鍵和田安奈さん(神・4)の「もさくの憂鬱」が上映。そのあと、2017年度ワークショップ参加者3名の作品が続きます。

2017年度参加者1人目は、西島加於理さん(文・2)の「夏祭り」。夏祭りをテーマに、画面を2つに分割し、蚊と人間それぞれの視点から夏の終わりを斬新に表現しています。蚊に刺された痕が、やがて打ち上げ花火のように動き出し、ノスタルジックな夏の風景を映し出す独特な作品に仕上がっています。

2人目は、好光義也さん(文・4)の「うさぎさんとにんじんさんたちとときどき血とお兄さんのお歌に合わせて」という、非常に長いタイトルの作品。うさぎがにんじんを食べたことによって起こる、その後の不幸が描かれています。好光さんは著作権フリーの音源素材にイメージするものがなかったため、自ら3種類の声を器用に使い分けて歌ったものを作品のBGM素材として使用しています。アニメーションと音の優れたトータルバランスにより、明確な世界観が表現されていました。

3人目は、韓国からの留学生である羅秀京さん(ナ シュウキョウ/日文センター)の「ハヨンちゃんとポロロ」。羅さんは、病床の親族が手術を怖がっているのを見て、作品を通じて恐怖心を取り除きたい!と思ったのがきっかけで、プログラムに参加したそうです。
この作品は、子供のころ誰しもが経験したことがあるクレヨンの重ね塗りを針などでスクラッチして画面を作りこむ技法が採用されており、そのストーリーもあいまって、見る側に馴染みやすさを感じさせます。

プログラムの最後に、障がい学生支援室とCLAPコマ撮りアニメーションワークショップで共同制作された作品、~あるあるのお話 エレベーター篇~「授業まであと5分」が上映されました。
この作品は今出川キャンパスで実際に起きているエレベーターの問題をアニメーションにしたもので、サイコロ状の木片1つずつを丁寧に色づけして作られたキャラクター達が動くさまは、レゴブロックを連想させます。ストーリーは、車椅子の学生がエレベーターに乗って授業の教室に向かおうとするけれど、エレベータが常に満員で乗ることができず、ついには授業に遅れてションボリしてしまうというもの。

最後は、「学内のみならず学外でも、いろんな場面でエレベーターでの移動を必要としている人がいるので、みなが気持ちよく過ごしていけるよう協力できたらいいな」と締めくくられ、見る側に考えてもらいたいメッセージがストレートに伝わる作品となっていました。

今出川校地学生支援センター主催CLAPは今回のコマ撮りアニメーションワークショップ以外にも、さまざまなプログラムを開催しています。現在は、伝統ある「全同志社メサイア演奏会」で合唱するメサイアシンガーズを募集中です。詳細は、こちらのページをご参照ください。みなさまのご参加をおまちしております!

※京田辺校地学生支援センター主催♭プログラムについては、次回の開催は秋学期(9月21日から)を予定しています。詳細は決まり次第こちらのページでご案内します。


コマ撮りアニメーションワークショップ作品上映会

2016年度ワークショップ作品「もさくの憂鬱」

鍵和田安奈さん)

2016年度と2017年度の学生参加者によるメイキングトークも開催。

コマ撮りアニメーションワークショップ作品上映会

司会の山内さん(中央/法・4)を中心に、参加者それぞれが自身の作品に対する思いを語ります。左上から時計回りに、片岡さん(経・4)、鍵和田さん(神・4)、羅さん(日文センター)、好光さん(文・4)。

CLAPコマ撮りアニメーション作品上映会

2017年度ワークショップ作品「夏祭り」

CLAPコマ撮りアニメーション作品上映会

2017年度ワークショップ作品「うさぎさんとにんじんさんたちとときどき血とお兄さんのお歌に合わせて」

CLAPコマ撮りアニメーション作品上映会

2017年度ワークショップ作品「ハヨンちゃんとポロロ」

CLAPコマ撮りアニメーション作品上映会

障がい学生支援室×CLAPコマ撮りアニメーションワークショップ共同制作作品 ~あるあるのお話 エレベーター篇~「授業まであと5分」

お問い合わせ先
京田辺校地学生支援課学生支援係
TEL:0774-65-7021
E-mail:jt-shien@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)