Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
トピックス
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2017年度のトピックス一覧
  3.  > 同志社大学ヨット部が第82回全日本学生ヨット選手権(団体戦)でスナイプ級優勝、470級準優勝し、4年ぶりに総合優勝しました。

トピックス

同志社大学ヨット部が第82回全日本学生ヨット選手権(団体戦)でスナイプ級優勝、470級準優勝し、4年ぶりに総合優勝しました。

'17年11月7日 更新
「第82回全日本学生ヨット選手権(団体戦)」が、11月2日~5日、福井県高浜町・若狭和田マリーナで開催され、同志社大学ヨット部が、スナイプ級優勝、470級準優勝し、4年ぶりに総合優勝を勝ち取りました。
全日本学生ヨット選手権(団体戦)は、470級とスナイプ級(二人乗りヨット)の各級が1チーム3艇で争う団体戦で、予選を勝ち抜いた、各級24校が4日間にわたりレースを行い、順位を点数化して計算し、点数の少ないチームが勝利する試合です。

インターハイのトップ選手を集める早稲田大学に対して、同志社大学は大学に入学後にヨット競技を始める部員が7割です。
3連覇中の早稲田大学が圧倒的有利との前評判の中で、レースがスタートしました。
初日から2日目までは軽風であったために1レースのみ成立したものの、3日日は前線通過で風及び波ともに高いためレースが中止となり、最終日(4日目)に2レースが行われました。
第1レースでトップに立った同志社大学は、終始安定したレース運びで上位をキープしました。一方、早稲田大学は焦りからか、2艇がリコール(フライングスタート)失格してしまいました。
今回、早稲田大学は総合4連覇に挑戦しましたが、史上唯一4連覇を成しとげている同志社大学が阻止するという、運命的な結末となりました。

ヨット競技は、ヨットの操縦技術だけでなく、海洋気象の情報戦でもありますので、他大学よりも早く現地入りして、トレーニングを積んだ同志社大学は、他大学より多くの情報を手にしていたことも勝利した一因ともいえるでしょう。

戦績の詳細は以下のとおりです。

第82回全日本学生ヨット選手権 上位成績
総合成績
1位 同志社大 314点
2位 早稲田大 354点
3位 慶応義塾大 376点
4位 関西学院大 399点
5位 九州大 513点
6位 日本大 521点

スナイプ級
1位 同志社大 150点
2位 日本大 171点
3位 早稲田大 182点
4位 関西学院大 209点
5位 中央大 211点
6位 九州大 238点

470級
1位 慶応義塾大 133点
2位 同志社大 164点
3位 早稲田大 172点
4位 関西学院大 190点
5位 法政大 226点
6位 明海大 249点
同志社大学ヨット部が第82回全日本学生ヨット選手権 470級

470級

杉山艇(個人成績一位)

杉山艇(個人成績一位)

総合優勝を表す部旗を掲げた杉山主将艇

総合優勝を表す部旗を掲げた杉山主将艇