Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
トピックス
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2017年度のトピックス一覧
  3.  > 【京田辺校地♭プログラム】「紙切り芸&パフォーマンス」を開催しました。

トピックス

【京田辺校地♭プログラム】「紙切り芸&パフォーマンス」を開催しました。

'18年1月24日 更新
1月16日(火) 京田辺校地ローム記念館劇場空間において、学生支援センター主催♭(ふらっと)プログラム「紙切り芸&パフォーマンス」を開催しました。

今回は、紙切り芸人の林家楽一さんが登場。コラボゲストとしてキーボード奏者の坂野雄亮さんも参加してくださいました。紙切り芸とキーボード演奏という異色の組み合わせのせいか、舞台上の低い位置に座布団とシンセサイザーが組まれた不思議な空間が準備され、これから何が始まるんだろうと期待も高まります。

プログラムは坂野さんのキーボード演奏からスタート。シンセサイザーを駆使してミドルテンポの2曲を披露されました。ゆったりとしたメロディーの合間に、坂野さんの穏やかなトークも合わさってか、会場にはリラックスした空気が漂います。

次に、林家楽一さんの紙切り芸が始まり、ご挨拶がてら「馬」と「横綱の土俵入り」を切り抜きます。その後は客席からもらったお題を即興で切ってゆき、完成した作品は出題者にお土産として贈られました。客席からは「新婚のカップル」、「フィギュアスケート」のようなお題にはじまり、「バレンタインとイチロー」といった2つお題を組み合わせた変わり種まで飛び出しました。

紙切り芸は一筆書きのようにスタート地点から鋏(はさみ)を入れ、最後はまたスタート地点に戻ってくる、下書きなど一切ないというのが特徴と解説をしながら、あれよあれよという間に作品が切り上がると、客席からは「おぉぉ~」と歓声が上がります。

ラストは、坂野さんの即興演奏から、楽一さんが何かイメージして切り抜くという一番難解なお題が出され、シンセサイザーから重厚でゆったりとした音楽が流れると、それに合わせて鋏を持つ手がするすると動き始めます。

出来上がった作品は、夜空を見上げる和装の男女の姿。夜空にきらきらと輝く星の中に、一筋の流れ星も見えます。楽一さんは、坂野さんの即興演奏から宇宙空間や星空をイメージしたとのこと。客席からお二人に大きな拍手が送られ、プログラムは和やかな雰囲気で終了しました。

♭(ふらっと)プログラムは、京田辺校地において学生支援センターが開催している、コンサートや映画などの多彩なプログラムのこと。授業の合間に“ふらっと“立ち寄ってほしいという思いをこめて、開講期間中、不定期に開催しています。今後の♭プログラムの予定は、こちらのページをご参照ください。みなさまのご来場をおまちしております!


紙切り芸

坂野さんのご希望により、楽一さんと目線を合わせて演奏できるよう低い台座にセッティングされました。

紙切り芸

まずはご挨拶がてらの「馬」を切り抜かれた林家楽一さん。

紙切り芸

鋏と紙を器用に動かしながら、するすると切ってゆきます。

紙切り芸

作品は、お題を出してくれたお客さんにプレゼント。

紙切り芸

プログラムのラストは、即興で演奏される音楽からイメージするものを切ってゆくという難解なもの。

紙切り芸

夜空を見上げる和装の男女の姿が出来上がり、客席からは大きな拍手が送られました。

お問い合わせ先
京田辺校地学生支援課学生支援係
TEL:0774-65-7021
E-mail:jt-shien@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)