Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 学生生活
  3.  > ボランティア支援

ボランティア支援

ボランティア支援室の理念・目的

 同志社大学は創立以来、建学の精神である「良心教育」において、知育とともに、キリスト教にもとづく徳育を重視してきました。その徳育の重要な一環として、学生によるボランティア活動を積極的に支援することにより、学生の自主性、社会性および奉仕の精神を育むとともに、市民社会の一員としての自覚を促すことを目的として、2016年4月にボランティア支援室を開設しました。
 また、ボランティア支援室は、このような学生の成長への支援と同時に、その活動を通じて、大学が地域社会の一員としての責任に応えていくことを念頭に活動します。

主な活動内容

  1. ボランティア情報の収集及び学生への情報提供
    ボランティア情報を収集のうえ整理し、ボランティア活動を希望する学生に対して、希望する活動内容に応じた情報提供を行います。
  2. ボランティア活動への学生の参加促進
    ボランティア活動希望学生とボランティア先のコーディネートや、学生のボランティア参加を促すことを目的とした体験的なボランティアや講演会の企画などを行います。
  3. ボランティア活動に参加する学生への助言と支援
    学生がボランティアに参加するに際して必要な助言や支援を行います。
  4. ボランティアセミナー、講習会等の実施
    ボランティア活動を始めたい学生や、ボランティアに関するスキルアップを目指す学生のために、様々なセミナー、講演会などを開催します。
  5. 学内外のボランティア団体等との連携・協力
    学内外の関連団体や地域の方々とのネットワークを構築し、学生にとっての活動の場を広げるとともに、地域社会における様々なボランティア活動の、振興の一助となることを目指します。

学習支援ボランティア

京都市教育委員会主催『「学生ボランティア」学校サポート事業』、京都府山城教育局主催『学生パワー活用事業』、京田辺市教育委員会主催『「学生による学習支援ボランティア」事業』等、学外の小・中・高等学校・幼稚園等における授業及び部活動の指導補助を経験できるプログラムが、各教育委員会を中心に開催されています。 また、個別に募集を行なっている学校・施設・団体もあります。いずれも詳細は学生支援課にてお問い合わせください。

「学生ボランティア」学校サポート事業(京都市教育委員会主催)

「学生ボランティア」学校サポート事業は、京都市教育委員会が「大学のまち・京都」の特性を活かし、各大学との連携のもと、大学生を市立小・中・高等学校・幼稚園に派遣し、授業及び部活動の指導補助等を行い、一人一人の子どもに対するきめ細かな指導を充実させるプログラムで、2003年度から実施しております。本学も京都市教育委員会と提携を結んでおり、学部を問わず、多くの学生がこの活動に参加しております。教育現場の最前線を体験できる貴重な機会です。

以下、登録の流れにしたがって活動を開始してください。登録は年度ごとに必要です。

登録の流れ
(1)
活動先を探す
京都市教育委員会「学生ボランティア」学校サポート事業のホームページで、参加を希望する学校・園・所属を探してください。

(2)
活動先に問合せ
参加を希望する学校・園・所属に、直接募集内容の詳細を問合せ、参加希望の旨を伝えてください。

(3)
学生支援課に報告
学校・園・所属からのボランティア受け入れの許可が出たら、学生支援課事務室にその旨を報告してください(「ボランティア登録用紙」を記入してもらいます)。
大学への報告がない場合、入学時に加入している学研災及び学研賠の適用が受けられません。

(4)
学生支援課にて
この報告を受けて同志社大学より学校・園・所属宛に「紹介状」を送付します。

(5)
活動開始
活動中に生じた問題や不安などがあれば、学生支援課に相談してください。

活動終了後
(1)
活動終了報告
ボランティア活動終了後に、「ボランティア活動報告」「ボランティア活動に関するアンケート」を提出してもらいます。

目的
  • 振り返りのため
  • 今後、学生への情報提供のため
  • ボランティア活動についての把握・情報収集のため

学生パワー活用事業(京都府山城教育局)

学生パワー活用事業は、児童生徒への個に応じたきめ細かな支援を行い、学力の充実・向上を図るために、授業または放課後において、学習支援・体験活動、クラブ活動等の支援、放課後等の補充学習支援等を、大学生のパワーを駆使して行ってもらおうというもので、京都府教育委員会が主管となって2005年度から開始されました。教職、臨床心理士等の現場経験のチャンスとなります。

以下、登録の流れにしたがって活動を開始してください。

登録の流れ
(1)
連絡
まずは京都府山城教育局に連絡をしてください。
連絡先京都府山城教育局 学生パワー活用事業担当
TEL:0774-62-0148
E-Mail:yamasiro-k-gakkyo@pref.kyoto.lg.jp

(2)
登録
面接後、山城教育局にて登録用紙を記入のうえ、山城教育局に提出してもらいます。

(3)
派遣先学校の決定
派遣先学校の選定は、山城教育局で調整します。決定後、学生と派遣先学校で打合せを行ってもらいます。

(4)
活動開始
活動中に生じた問題や不安などがあれば、学生支援課に相談してください。

※ボランティア保険に関しては、山城教育局が手続きを行います。

「学生による学習支援ボランティア」事業(京田辺市教育委員会)

「学生による学習支援ボランティア」事業は、「大学とともにあるまち京田辺市」の特色を生かし、同志社大学・同志社女子大学との連携のもと、ボランティアを希望する学生が市立学校・幼稚園に出向き、教科・保育や部活動ならびに行事等の指導補助等を行い、学校・園での一人一人の子供に対するきめ細やかな指導や行事・部活動の充実を一層図る機会とするものです。あわせて、学校・園での教育活動の体験を通して、学生が自己の資質向上を図る機会を提供する場にしようとするもので、2006年1月から開始されました。教育現場の最前線を体験できる貴重な機会です。

以下、登録の流れにしたがって活動を開始してください。

登録の流れ
(1)
連絡
まずは京田辺市教育委員会に連絡をしてください。
連絡先京田辺市教育委員会学校教育課 学生ボランティア事業担当
TEL:0774-64-1392
E-Mail:gakko@kyotanabe.jp

(2)
登録
面接後、京田辺市教育委員会にて登録用紙を記入のうえ、京田辺市教育委員会に提出してもらいます。

(3)
派遣先学校の決定
派遣先学校の選定は、京田辺市教育委員会で調整します。決定後、学生と派遣先学校で打合せを行ってもらいます。

(4)
活動開始
活動中に生じた問題や不安などがあれば、学生支援課に相談してください。


※ボランティア保険に関しては、京田辺市教育委員会が手続きを行います。

さらに詳しい情報はボランティア支援室でご案内しています。

ボランティア支援室オリジナルサイトでは、以下の情報もご案内しています。

  • ボランティア支援室の概要
  • 体験プログラム、セミナー、イベント情報
  • ボランティア参加の流れ
  • 活動報告
  • 学生スタッフによるブログ
  • 学外の方へ

このページの先頭へ