Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 在学生
  3.  > 学業成績

学業成績

成績評価

1.GPA制度による成績評価について

各科目の成績評価を以下の判定基準にしたがい、5段階(A,B,C,D,F)で評価し、各成績評価段階に4.0~0.0の評点(Grade Point)を付与して、1単位あたりの評点平均値=GPA(Grade Point Average)を算出します。ただし、大学院科目は7段階(A+,A,B+,B,C+,C,F)で評価し、評点は4.5~0.0とします。
GPAは、不合格を意味するF評価の成績も含めて以下の計算式で算出しますが、F評価であった科目を再履修してD(大学院の場合C)以上の評価を得た場合、最後に付いたF評価のみ新たな評価に書き換えられて算出されます。
ただし、一部の科目については取り扱いが異なる場合がありますので、各学部の配布物等を参照してください。


判定基準
学部
評価評点判定内容
A4.0特に優れた成績を示した
B3.0優れた成績を示した
C2.0妥当と認められる成績を示した
D1.0合格と認められる最低限度の成績を示した
F0.0合格と認められるに足る成績を示さなかった

大学院
評価評点判定内容
A+4.5特に優れた成績を示した
A4.0A+に準じた成績を示した
B+3.5優れた成績を示した
B3.0B+に準じた成績を示した
C+2.5妥当と認められる成績を示した
C2.0C+に準じた成績を示した
F0.0合格と認められるに足る成績を示さなかった
上記段階評価以外の評価は、合格、不合格、認定となります。

算出方法
<学部>(大学院は別途定める)
2004年度生以降

2003年度以前生について
2003年度生以前の在学生については、従来どおり100点満点の点数評価が継続されます
2004年度にGPA制度を導入した際に、2003年度生以前の在学生の2007年度以降の成績評価方法は、「段階評価を実施し、10点刻み(学部科目。大学院科目は5点刻み。不合格点は学部科目、大学院科目とも、すべて0点。)の点数評価に換算する」とお知らせしていましたが、下記のとおり、2007年度以降も、従来どおりの100点満点の点数評価を継続することとします。(2007年3月)

1.
学業成績の評価は、100点満点で60点以上が合格、それに満たないものは不合格です。ただし、就職用成績証明書等、本学以外で使用するために発行する学業成績証明書には優、良、可(英文の場合はA、B、C)による評価が使用されます。優(A)は100~80点、良(B)は79~70点、可(C)は69~60点です。
2.
2003年度以前生は、不合格となった科目を再び履修して合格点を得た場合は、以前の不合格点は合格点に変更されます。
3.
平均点は、合格点に達している科目の得点を、その単位数で加重平均することによって算出されます。加重平均の算出方法は次のとおりです。

平均点算出方法





成績発表

履修科目の成績表は、春学期末(9月中旬)と秋学期末(3月末)に各自に交付します。それ以外の成績の照会には応じません。

卒業の可否発表

卒業の可否の発表は、卒業判定教授会終了後、直ちに掲示板に発表するとともに、各学生(父母住所宛)に通知します(神学部、文化情報学部、理工学部、生命医科学部、スポーツ健康科学部は掲示しない)。それまでは、成績及び卒業可否についての問合わせには一切応じません。


成績評価結果・授業講評の公表について

各学部・研究科が定める科目を除き、授業クラス毎の平均点や、評点の分布を大学ホームページ上でシラバス等とリンクして公表します。また2008年度より、授業クラスの科目担当者による講評についても、大学ホームページ上で公表しています。
成績評価結果の公表(オリジナルサイト)
授業講評の公開(オリジナルサイト)

クレーム・コミッティ(Claims Committee)制度について

受講している科目の授業内容や授業方法に関する改善の要望がある場合は、所属学部・研究科事務室または各キャンパスの教務センターに相談してください。学生からの申し出を受けて、各学部等のクレーム・コミッティが授業担当者から事実関係を調査し、原因や対策について回答します。

なお、いかなる場合であっても、相談者の学生IDや氏名が授業担当者に明かされることはなく、また相談によって決して不利益を被ることはありません。

成績評価に関する質問や異議申し立てについて

成績通知書に記載された成績評価に関する質問や異議申し立てをしたい場合は、定められた成績通知書交付日から1週間以内に、所属学部・研究科事務室または各キャンパスの教務センターに採点質問票を提出してください。事務室が学生に代わって授業担当者に問い合わせます。

追試験制度について

病気またはやむを得ない事由により、春学期および秋学期の終りに実施される定期試験、ならびに各学部教授会が認める臨時試験(中間テスト等)を受験できない場合、追試験の申請を行うことができます。

得点の減点は行われず、追試験料は1科目1,000円です。追試験の受験を希望する人は、受験できなかった試験終了後3日以内(窓口業務休止日を除く)に、追試験願を所属学部・研究科事務室または各キャンパスの教務センターに提出してください。
ただし、課外活動のために受験できない場合は、事前に追試験願を提出し、承認を受けておくことが必要です。
追試験願にはその試験を受験できなかった事由を証明する書類の添付が必要です。必要な書類は、履修要項や掲示板等で確認してください。

なお、レポート試験は追試験の対象にはなりませんが、提出締切日に突発的な事故等やむを得ない事由により、提出締切時間に間に合わなくなった場合は、必ず提出締切時間までに提出先に連絡を取り、指示を受けてください。
このページの先頭へ