1. 同志社大学ホーム
  2. 生涯学習
  3. 同志社講座2018 秋学期(台詞と演出からシェイクスピアの魅力に迫る)

同志社講座 2018 秋学期

台詞と演出からシェイクスピアの魅力に迫る

シェイクスピアの作品は、もともと上演を念頭において執筆されたものです。講座では重要な場面を取り上げて、その場が舞台や映画でどのように演出されてきたかを、映像を交えて辿ります。別の角度から光をあてることにより、作品の新たな魅力を引き出そうとする演出家たちの工夫について考えながら、異なる光のもとで乱反射するシェイクスピア作品についてお話ししたいと思います。
勝山 貴之
講師
勝山 貴之(かつやま  たかゆき)
同志社大学 文学部 教授

1958年京都市生まれ。同志社大学大学院博士後期課程退学 ハーヴァード大学大学院留学(ハーヴァード・エンチン奨学金給付生)。ケンブリッジ大学客員研究員。主な著作『シェイクスピアと異教国への旅』(英宝社/2017) 『英国地図製作とシェイクスピア演劇』(福原記念英米文学賞)(英宝社/2014)。『源氏物語とシェイクスピア』共著(新典社/2017)など。

第1回 11/14(水)ロミオの時代、ジュリエットの時代

作品の主題を解説しながら、重要な台詞を取り上げて、ゼフィレッリ監督(映画)、ラーマン監督(映画)、蜷川監督(舞台)の演出を比較する。それぞれの時代の中で生まれ変わる『ロミオとジュリエット』に注目してみたい。

第2回 12/26(水)西洋の『マクベス』、東洋の『マクベス』

作品の主題を解説しながら、重要な台詞を取り上げて、黒澤監督(映画)、蜷川監督(舞台)、劇団☆新感線(舞台)の演出を比較する。戦後日本のシェイクスピア受容についても、解説していきたい。

第3回 1/9(水)男が女で、女が男の『十二夜』

シェイクスピア喜劇では、ヒロインが男装すると、もはや他の登場人物は誰もヒロインの正体に気がつかない。作品の重要な台詞を取り上げて、トレバー・ナン監督(映画)、グローヴ座公演、M・ライランス主演(舞台)、蜷川の歌舞伎版(舞台)の演出を比較する。

第4回 1/23(水)時を超えて問いかけるハムレット

作品の主題を解説しながら、重要な台詞を取り上げて、オリヴィエ監督(映画)、ブラナー監督(映画)、蜷川監督(舞台)の演出を比較する。ルネッサンスの傑作とされる『ハムレット』の永遠の魅力についても解説したい。

第5回 2/20(水)夢と現実の間『恋におちたシェイクスピア』

劇作家トム・ストッパードは、『ハムレット』をもとに、作品の表と裏を描いてみせて一躍有名になった。近年、ストッパードは『恋におちたシェイクスピア』(映画)の脚本にも参加し、アカデミー脚本賞を受賞。彼らしい、その斬新な手法について解説する。

開催概要

回数全5回
定員100名
時間 15:00~16:30
受講料5回一括のみ 15,000円
資料当日講師より配布いたします
会場・アクセス
同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室 交通アクセス
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。

お問合せ先
同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 FAX:03-6228-7262 
E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp
東京オフィスオリジナルサイト

申込方法
以下のいずれかの方法でお申し込みください。

お申込み・受講に関する注意事項
  • 定員になり次第、受付を終了いたします。
  • 受講料は、初回に受付でお支払いください。
  • 開講後は、受講料の払い戻しはいたしません。
  • 万が一、開講出来ない場合は開講の1週間前までにお申込みいただいた方にご連絡いたします。
  • 開講が決まりましたら、事務局より受講票を郵送いたします。
  • 受講票(ハガキ)は1講座1枚です。受講時に受付にお出しください。
  • 全回ご出席の方には「修了証」を最終回にお渡しいたします。
  • 休講・補講
1.
講師の都合および事故、台風、天災、交通機関遅延等によりやむを得ず休講する場合があります。
2.
休講が事前に判明した場合は 同志社大学HP および 同志社TOKYO HUB サイトに掲載し、各個人にメールにてお知らせし、補講等の対応をいたします。
  • 受講時は
1.
講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、機内モードにしてください。
2.
講座の録音、録画、写真撮影は講師の許可がある場合を除き禁止です。