1. 同志社大学ホーム
  2. 生涯学習
  3. 同志社講座2018 春学期(「いつまでも美しく健康」を科学する~生活習慣を変えるリレー講座~)

同志社講座2018 春学期

「いつまでも美しく健康」を科学する~生活習慣を変えるリレー講座~

いくつになっても若さや健康をうまく保ちたいと、誰もが思うもの。健康寿命という概念が広まり、健康や病気予防に関する情報を目にしない日はないほどです。本講座は、同志社大学生命医科学部の教授4名がリレーで登壇します。老化や糖化を防ぐ、機能の低下をさけることにつながる対策を学ぶ機会です。講義で紹介されるテストや測定などを通じてご自身の現状を把握し、対策を実践することで、最終回の頃のセルフチェックが楽しみになるはずです。

日程
第1回 アンチエイジング セルフチェックから始めよう! 2018年5月11日(金)
第2回 筋トレと食事もバランスが大切 2018年6月8日(金)
第3回 糖化は老化 - 糖化度測定で自身を知ろう 2018年6月29日(金)
第4回 老いない脳も食事次第  2018年7月13日(金)
第5回 寿命は遺伝子で決まっている? 2018年7月27日(金)
第6回 抗酸化力で健康を手に入れることができる!? 2018年9月14日(金)
最終回 セルフチェックで成果を確認しよう! 2018年9月28日(金)

第1回 アンチエイジング セルフチェックから始めよう! 2018年5月11日(金)

米井 嘉一
講師
米井 嘉一
同志社大学生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター 教授
1958年 東京生まれ 慶応義塾大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了。日本鋼管病院内科、人間ドック脳ドック室部長などを歴任。2005年同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授2008年から現職 日本抗加齢医学会理事、日本人間ドック学会評議員 最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。

講座内容
アンチエイジングの目標は健康長寿です。身体は様々な部品から構成されており、加齢に伴いそれぞれの機能が衰えてゆきます。老化の仕方はヒトそれぞれ、筋肉の老化はサルコペニア、骨の老化は骨粗鬆症、血管の老化は動脈硬化、神経の老化は認知症につながります。30代、40代から老化の弱点が現れ、他の部分にまで悪影響を及ぼします。健康長寿を達成するためには老化のバランスをうまく保つことが大切です。セルフチェックで自分の老化の弱点を見つけましょう。自分の老化の弱点を知り、弱点を是正するための対策を練ることがアンチエイジングの第一歩です。

第2回 筋トレと食事もバランスが大切 2018年6月8日(金)

米井 嘉一
講師
米井 嘉一
同志社大学生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター 教授
1958年 東京生まれ 慶応義塾大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了。日本鋼管病院内科、人間ドック脳ドック室部長などを歴任。2005年同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授2008年から現職 日本抗加齢医学会理事、日本人間ドック学会評議員 最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。

講座内容
アンチエイジングのために重要なことは生活習慣の改善です。これは食育、知育、体育に分けられます。体育は有酸素運動、筋肉負荷トレーニング、柔軟体操・ストレッチに分けられ、バランスよく運動することが大切です。どうしても忘れがちなのが筋トレです。筋トレの効能を知り、効果的な方法を学びましょう。食育はカロリーバランスと蛋白(P)、脂質(F)、炭水化物(C)栄養バランスが大切です。PFCバランスの目標は2:2:6です。炭水化物が多めで蛋白不足の人が多いので、まずはここから是正しましょう。蛋白質を2割摂取するのは結構大変です。世の中には極端なことを言う人を時々見かけますが、極端なことよりバランスが重要です。

第3回 糖化は老化 - 糖化度測定で自身を知ろう 2018年6月29日(金)

八木 雅之
講師
八木 雅之
同志社大学生命医科学部 糖化ストレス研究センター チェア・プロフェッサー 教授
京都府立大学大学院博士課程修了。糖化ストレス研究会理事。日本抗加齢医学会評議員。分析機器・試薬、機能性食品メーカーで20年間以上、糖化の検査方法や抗糖化食品の研究開発に従事した後、2011年より現職。現在、糖化の影響や抗糖化対策に関する研究、「糖化は老化」をキーワードにしたセミナー等の普及啓発活動を行っている。

講座内容
近年、老化や慢性疾患を進める新たな要因として「糖化」が注目を浴びています。また健康・美容分野では抗糖化をキーワードにした製品が続々と発売されています。体の糖化は皮膚老化、糖尿病合併症、骨粗鬆症、認知症などの進展要因です。本講座では2011年に国内初の糖化研究専門機関として発足した「糖化ストレス研究センター」の成果をもとに、糖化の体への影響や最新の糖化対策について紹介します。また希望者には講座の前後の時間を使って、最新の測定機で体の糖化度を約1分間で測定します。体の糖化は避けがたい健康リスクの一つです。自分自身の糖化度を知り、今日からできる糖化対策で老化や生活習慣病を予防しましょう!

第4回 老いない脳も食事次第  2018年7月13日(金)

石浦 章一
講師
石浦 章一
同志社大学生命医科学部 特別客員教授 東京大学名誉教授
東京大学・理学系大学院修了後、国立精神・神経センター神経研究所、東京大学分子細胞生物学研究所、同・総合文化研究科を経て、現職に。理学博士。1950年、石川県生まれ。専門は分子認知科学、特にアルツハイマー病。「東大超人気講義」シリーズ、『老いない脳』をつくる(ワック/2017)など一般人向けの著書多数。

講座内容
世界の人口はすでに70億人を超えたが、わが国では人口が減り続けており、すでに高齢化社会が到来している。2017年の段階では100歳以上の人が6万人を超えたが、これに比例して認知症の割合も急増している。健康を保ちつつ老化し、自立した生活を送ることは難しいのだろうか。脳科学の知見から、知的機能を維持するには毎日の食事と適度な運動が大切なことが明らかになってきた。石浦分担の本講義では、認知症発症のメカニズムから最新の治療法までをおさらいするとともに、普段の食事がいかに脳機能の維持に重要なはたらきをしているかを学ぶ。また、賢い食事法についてもまとめる。

第5回 寿命は遺伝子で決まっている? 2018年7月27日(金)

石浦 章一
講師
石浦 章一
同志社大学生命医科学部 特別客員教授 東京大学名誉教授
東京大学・理学系大学院修了後、国立精神・神経センター神経研究所、東京大学分子細胞生物学研究所、同・総合文化研究科を経て、現職に。理学博士。1950年、石川県生まれ。専門は分子認知科学、特にアルツハイマー病。「東大超人気講義」シリーズ、『老いない脳』をつくる(ワック/2017)など一般人向けの著書多数。

講座内容
アルツハイマー病のリスク因子としての遺伝子が大きな話題になっている。ある特定の遺伝子をもつとアルツハイマー病になるリスクが10倍以上になるとされ、生活習慣もそのリスクに大きく関わることが分かってきた。本講義では、遺伝子の基本についてわかりやすくまとめるとともに、遺伝子が規定している病気やそのなりやすさ、遺伝子の診断法、そして遺伝子によって過去の歴史までわかるというすばらしい研究の成果を紹介する。遺伝子は決して皆さんの運命を決めているのではないこともわかるだろう。

第6回 抗酸化力で健康を手に入れることができる!? 2018年9月14日(金)

野口 範子
講師
野口 範子
同志社大学生命医科学研究科 教授
京都生まれ。筑波大学卒業。医学博士。酸化ストレスによる生体の傷害と抗酸化防御システムを専門とし、アルツハイマー病などの神経変性疾患や、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の診断と治療および予防法の開発などを研究。共著に「ストレスの科学と健康」(共立出版)、「酸化ストレスマーカー」(学会出版センター)、「酸化ストレスの医学」(診断と治療社)など。

講座内容
私たちヒトを含め生物にとって酸素は必須である。酸素を使って生きている限り、私たちは常に酸化ストレスを受けている。酸化ストレスは様々な病気の発症や老化の進行に関係しているが、私たちの身体には優れた抗酸化システムが存在しており、酸化ストレスから身体を守っている。一方で、実は私たちは、身体の機能を維持するために酸化ストレスをうまく利用をしているのである。必要な酸化ストレスまでも消し去ってしまうことが病気を引きおこすことがわかってきた。本講では、酸化ストレスと抗酸化の健康への関わりについて功罪両面から解説し、抗酸化力アップで本当に健康を手に入れることができるのか考えてみたい。

最終回 セルフチェックで成果を確認しよう! 2018年9月28日(金)

米井 嘉一
講師
米井 嘉一
同志社大学生命医科学部 アンチエイジングリサーチセンター 教授
1958年 東京生まれ 慶応義塾大学大学院医学研究科内科学専攻博士課程修了。日本鋼管病院内科、人間ドック脳ドック室部長などを歴任。2005年同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授2008年から現職 日本抗加齢医学会理事、日本人間ドック学会評議員 最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。

講座内容
第1回で自分の弱点を知り、半年間にわたり老化の仕組みを学び、その対策を実践されたことと思います。セルフチェックでの成果はいかがでしたでしょうか?優秀な成績を残した人もいれば、成果が芳しくなかった方もいることでしょう。たとえ機能年齢が変わらなかったとしても悲観することはありません。半年間で0.5歳加齢するわけですから、機能年齢が維持できれば予防効果があったことになります。成績を他人と比べる必要はありません。アンチエイジングは自分との闘いです。一番良いことができないならば、二番目に良いことを実践してください。二番目がだめなら三番目をやること。決してあきらめないことが大切です。
会場・アクセス同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室 交通アクセス
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
お問合せ先同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 FAX:03-6228-7262 
E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp 東京オフィスオリジナルサイト
回数全7回
受講料一括のみ21,000円 
定員100名
時間15:00~16:30
資料当日講師より配布いたします。
申込方法以下のいずれかの方法でお申し込みください。
WEB申込みはこちら(同志社東京HUBサイト)から 
受講申込書[PDF 163KB]FAX(03-6228-7262)で送付。 
お申込み・受講に関する注意事項
  • 定員になり次第、受付を終了いたします。
  • 受講料は、初回に受付でお支払いください。
  • 開講後は、受講料の払い戻しはいたしません。
  • 万が一、開講出来ない場合は開講の1週間前までにお申込みいただいた方にご連絡いたします。
  • 開講が決まりましたら、事務局より受講票を郵送いたします。
  • 受講票(ハガキ)は1講座1枚です。受講時に受付にお出しください。
  • 全回ご出席の方には「修了証」を最終回にお渡しいたします。
  • 休講・補講
    1. 講師の都合および事故、台風、天災、交通機関遅延等によりやむを得ず休講する場合があります。
    2. 休講が事前に判明した場合は同志社大学HP および同志社TOKYO HUB サイトに掲載し、各個人にメールにてお知らせし、補講等の対応をいたします。
  • 受講時は
    1. 講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、機内モードにしてください。
    2. 講座の録音、録画、写真撮影は講師の許可がある場合を除き禁止です。