1. 同志社大学ホーム
  2. 学部入試
  3. 理工学部
  4. OB・OG MESSAGE 卒業生メッセージ(理工学部:河合さん)

OB・OG MESSAGE 卒業生メッセージ

理工学部

河合 竜也 さん

株式会社新生銀行 不動産リスク管理部
河合 竜也 さん

1冊の本を転機に、統計ファイナンスの研究に没頭

 統計科学が専門の津田博史先生から手渡された1冊の本がきっかけで、将来の進路が明確になりました。その本に記載されていた「金融の世界」に深い感銘を受け、金融業界を目指すことに。もともと、株式市場やコーポレート・ファイナンスなどの分野で活かせる統計科学に面白さを感じていたこともあり、津田先生の統計ファイナンス研究室に所属。実務経験豊富な先生の指導のもと、データ解析に基づいて情報を抽出する統計科学を実践的に学びました。卒業論文は学外の研究機関と協力し、ビッグデータを用い、京都市内にあるホテルの稼働率の解析に取り組みました。さまざまなファクターモデルを作成し、宿泊のオプションプランと稼働率の関係性など、ホテル経営に役立つ結果を導き出すことができました。現在は銀行に勤務し、不動産のリスク分析や評価を行っています。最初にゴールを設定して資料やデータを収集し、統計を用いて分析していくプロセスは、基本的には大学で学んだ統計科学の研究と同じです。大学で学んだことが業務に直結していることを日々実感しています。
2013年 理工学部数理システム学科 卒業
2015年 理工学研究科数理環境科学専攻 博士課程(前期課程)修了
 在学中、アメリカに短期留学して英語力を磨き、TOEIC®テストスコアを大幅に向上させた。今後は社内公募制を活用し、アメリカの大学でのMBA取得を目指している。「学生時代には同世代の気の合う仲間だけでなく、自分とは異なる立場や考え方の人を交えて語り合うことが大事です。知識や情報の幅が広がるだけでなく、人の意見や価値観に触れることは、自らの考え方をブラッシュアップすることにつながります」と実感を交えて語る。