Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
講演会・セミナー・イベント一覧
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 講演会・セミナー・イベント一覧
  3.  > ITECセミナー「IoTと地域コミュニティーの融合による 安心・安全な街づくりを目指して」

講演会・セミナー・イベント

ITECセミナー「IoTと地域コミュニティーの融合による 安心・安全な街づくりを目指して」

2018年01月24日 更新
[講演の概要]
 近年、地域が抱える様々な課題の解決手段としてIoT(モノのインターネット)技術の利活用に注目が集まっています。IoTとは何なのか? そして、IoTと地域コミュニティーの融合で構築される地域のIoTインフラ、地域IoT基盤とはどのようなものか? 応用事例を踏まえて分かり易く解説します。特に、飲料メーカー大手のアサヒ飲料株式会社、およびタクシー配車システム国内シェアトップの株式会社デンソーテン(以前の株式会社富士通テン)等の協力を得て進めている、東京都墨田区での地域IoT基盤プロトタイプの構築事例と、これらを活用した“データの地産地消”サービスに関わる実証実験の様子について紹介し、従来の技術先導型ソリューションではないIoT利活用サービスの在り方と、これらが社会的に広く受け容れられる要素は何なのか?についてオープンに議論します。

[講師のプロフィール]
 1999年 大阪大学大学院博士後期課程を修了し、郵政省 通信総合研究所(現在の国立研究開発法人 情報通信研究機構)に入所。以降、ミリ波通信システム、光通信システム、有無線統合ネットワーク等の研究開発に従事。60GHz帯を用いるWPANシステムのIEEE標準化活動においても、新たなチャネルモデル(TSVモデル:Shoji-Sawada-Salah-Valenzuelaモデル)を提案し採択されるなどの貢献を残す。2007年 電子情報通信学会 エレクトロニクスソサイエティ賞を受賞。2008年 文部科学省 若手科学者賞を受賞。2009年度 日本学術振興会 優秀若手研究者海外派遣事業での採択を受け、2010年度 英国University College London 客員研究員を務める。2014年より現職。“データの地産地消”をコンセプトとした、地域におけるIoT基盤の在り方についての研究活動を推進している。
開催日
2018年03月02日(金) 15:00~16:30
15:00~16:00 講演 16:00~16:30 質疑応答
開催場所
今出川校地(室町キャンパス)
寒梅館3階 プレゼンテーションホール
〒602-8580 京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103
アクセスマップ
講師
荘司 洋三 氏
国立研究開発法人 情報通信研究機構
ソーシャルイノベーション推進研究室 室長(工学博士)
費用
無料
対象者
在学生  受験生  卒業生  一般の方
参加申込
要申込
下記フォームよりお申し込み下さい。
参加申し込みフォーム
お問い合わせ先
技術・企業・国際競争力研究センター(ITEC):itec@doshisha-u.jp