1. 同志社大学ホーム
  2. 大学紹介
  3. 高校生「志」コンテスト

第9回 高校生「志」コンテスト

「志」コンテスト イメージ画像

受賞作品発表

 2022年3月1日~5月31日までの間に募集しました高校生「志」コンテストにおきまして、全国の高校生のみなさまから多数のご応募をいただき、誠にありがとうございました。
ご応募いただいた作品を拝見し、今回のコンテストがみなさまにとって将来のキャリアや「志」を考える一助となったことと確信しております。
 厳正なる審査の結果、各賞が決定いたしましたので、お知らせいたします。

【高校生「志」コンテスト】受賞作品発表はこちら
同志社を創立した新島襄とその妻八重は、混迷の幕末をそれぞれに乗り越えて出会い あきらめない熱い「志」を共鳴させました。高校生のみなさん、今こそ自らを見つめ その「志」を語ってみませんか。新島襄 八重のように 強く熱い「志」に満ちあふれた作品をお待ちしています。

チラシ[PDF 1.2MB]

新島襄・新島八重の「志」とは…?

同志社創立者 新島襄
息苦しい封建社会に束縛されることに我慢ができず、自由と人権を求め、21歳で幕末の日本から密出国して渡米。留学中、キリスト教徒となって『「自由」と「良心」に立つ人間を養成するキリスト教主義教育を日本でも』という熱い志を抱き、帰国後、京都の地に同志社大学の前身となる同志社英学校を設立しました。

新島八重
会津藩の砲術師の家に生まれ、戊辰戦争では、男装して銃を持ち戦いに参加。のちに新島襄と結ばれ、同志社創立に尽力。襄を支え、同志社の学生たちに大いに愛情を注ぎました。不屈の会津魂とキリスト教精神を糧に、常に向上心と自分の信念を貫く志を持ちながら、襄の死後も、篤志看護婦、茶道の師範として、社会貢献の道を歩みました。

応募要領

応募資格

締切日時点(2022年5月31日)で高等学校に在学中の高校生

応募テーマ

  1. 新島襄と私の「志」
  2. 新島八重と私の「志」

応募規定

  • 作品は未発表の自作に限ります。
  • 以下の2点を提出してください。
  1. 応募シート
    手書き記入用[PDF 99KB] / パソコン入力用[Word 22KB]
  2. 作品(指定のA4判400字詰め横書き応募用紙3枚程度)
    手書き記入用[PDF 51KB] / パソコン入力用[Word 40KB]
  • 記入は手書き、パソコンどちらでも構いません。
  • 応募作品は返却いたしません。
  • 応募作品の著作権は同志社大学に帰属します。
    応募者の個人情報は、当コンテスト事業以外の目的には使用いたしません。
    個人情報の取扱いについてはこちら

応募期間

2022年3月1日(火)~5月31日(火)当日消印有効 募集は終了しました。

応募作品送付先

【郵送の場合】
〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入
同志社大学 広報課『高校生「志」コンテスト』係

【メールの場合】
ji-koho@mail.doshisha.ac.jp
件名を『高校生「志」コンテスト』として、作品データを添付してください。

応募方法を問わず、受付完了後メールをお送りします。「mail.doshisha.ac.jp」からのメールを受信できるように、あらかじめ設定してください。

表彰

新島賞 1点
【賞状、図書カード5万円分、*同志社大学キャンパス体験ツアー招待】
八重賞 1点
【賞状、図書カード3万円分、*同志社大学キャンパス体験ツアー招待】
読売新聞社賞 1点
【賞状、図書カード2万円分、*同志社大学キャンパス体験ツアー招待】
優秀賞 2点
【賞状、図書カード1万円分、*同志社大学キャンパス体験ツアー招待】

*同志社大学キャンパス体験ツアー招待
今出川キャンパス(オープンキャンパス)、京田辺キャンパスの見学を含めた1泊2日予定。

受賞発表

2022年6月下旬、当該ページにて発表
賞の名称、氏名、在学校名、受賞時点の学年、作品(タイトル、本文)を掲載いたします(作品の本文は2023年6月下旬までの掲載)。

授賞式

2022年8月(予定)
「同志社大学 オープンキャンパス2022(今出川校地)」同日程にて実施。
表彰の「キャンパス体験ツアー」の行程に含んでおります。
新型コロナウイルス感染症の影響により、変更・中止となる場合がございますので、予めご了承ください。

今出川オープンキャンパス

お問い合わせ

コンテスト問い合わせ先

同志社大学広報課
TEL 075-251-3120
E-mail ji-koho@mail.doshisha.ac.jp