こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 寒梅館ホーム
  2.  > 施設紹介
  3.  > 学生デジタル編集室

学生デジタル編集室

課外活動におけるフライヤー作成、活動記録映像の編集等に、ご利用いただけます。
学生デジタル編集室

設備概要

設備概要
PC(Windows 10)、BD・DVD-R・CD-R対応、複合機プリンタ、MiniDV/DVDレコーダー

使用可能ソフト
学生デジタル編集室で利用できる主なアプリケーションソフト
アプリケーションソフト名機能・利用目的
Microsoft Word代表的なワープロソフト
Microsoft Excel代表的な表計算ソフト
Microsoft Powerpoint代表的なプレゼンテーションソフト
Adobe Illustrator複雑なグラフィックス・イラストを作成できる画像エディタソフト
Adobe Photoshop写真の補正やロゴ作成が簡単に行える定番の画像編集ソフト
Adobe Premiereビデオカメラ等から取り込んだ動画を編集するソフト
NeroデータCD、DVD、BDライティングソフト

利用案内

利用目的

課外活動におけるフライヤー作成、活動記録映像の編集

利用資格

  • 公認団体、学生支援センター登録団体の課外活動に関する利用
  • その他、学生支援課が特に認めた学内・外の個人・団体・私的な利用は認めません
    利用方法に問題があると判断した場合、利用の許可を取り消し、以後の使用を認めないことがあります

利用日時

  • 原則として、学休日を除く、月~金 9:00~17:00
  • 休暇中の使用は別途定めます
    ※11:30~12:30は事務室休憩中のため、鍵の貸出・返却は不可となります

申込手続

  1. 今出川校地学生支援課窓口に直接来室のうえ、公認団体は学生証と学友団員証(学生支援センター登録団体の場合は学生支援センター登録団体証、または体育会会員証)を提示し、「学生デジタル編集室使用願」に記入してください。
  2. 利用当日、学生支援課窓口で学生証を提示し誓約書にサインをしてください。(誓約書により(1)故意または過失による機器破損に対する損失補填、(2)著作権等に関わる不正使用発覚時の使用停止、に同意していただきます。)
  3. 学友団員証(学生支援センター登録団体の場合は学生支援センター登録団体証、または体育会会員証)と引き換えにデジタル編集室の鍵を貸し出します。
  4. 使用後はチェックリストに基づき全ての備品を元の状態に戻してください。施錠後、学生支援課窓口にチェックリストとともに鍵を返却してください。

申込受付

  • 公認団体は利用日の1ヶ月前の月の1日から
  • 学生支援センター登録団体は1ヶ月前の月の15日から
  • その他の利用は利用日の3日前から
  • 原則として1団体につき1回3時間、週2回まで。(2日分の同時受付可)

受付時間

今出川校地学生支援課事務室の開室時間中、先着順に受付。

利用に際しての制限事項

次にあげる事項に該当すると認められるときは、利用を制限させていただきます。
  1. 公の秩序を乱し、善良な風俗を害するおそれがあるとき
  2. 営利を目的に利用するとき
  3. 施設又は付属設備を損傷するおそれがあるとき
  4. 消防法等の法令に抵触するとき
  5. 施設運営管理上、支障があるとき
  6. 他の利用者に迷惑をかける、又は迷惑をかける恐れがあるとき
  7. この利用案内に記された許可条件や注意事項に違反し、今出川校地学生支援課の指示に従わないとき

備考

  • カラープリンターを利用される場合、下記の利用料金を学生支援課窓口にて徴収します。
    A4・・・40円/枚 CD・DVD・・・20円/枚
  • 学生デジタル編集室を離れる時は、たとえ短時間でも必ず施錠してください。
  • 施設及び備品等を破損、紛失した場合、直ちに今出川校地学生支援課へ報告してください。相当額を弁償していただきます。なお、施設の利用が終了したときは、利用者が原状回復してください。