トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2018年度のトピックス一覧
  3. 理工学部のIvan Tanev教授がThe 18th International Conference on Artificial Intelligence:Methodology, Systems, Applications (AIMSA 2018)でBest Paper Awardを受賞しました

理工学部のIvan Tanev教授がThe 18th International Conference on Artificial Intelligence:Methodology, Systems, Applications (AIMSA 2018)でBest Paper Awardを受賞しました

'19年1月16日 更新
理工学部のIvan Tanev教授は、2018年9月12日から14日にかけて行われたThe 18th International Conference on Artificial Intelligence:Methodology, Systems, Applications (AIMSA 2018)において、(i)マイクロおよびナノロボットをモデル化する単純なエージェントの非対称形態、および(ii)そのようなエージェントのチームの協調行動の進化(遺伝的アルゴリズムによる)を提案する研究を発表し、Best Paper Awardを受賞しました。

発表題目
Evolving a Team of Asymmetric Predator Agents That Do Not Compute in Predator-prey Pursuit Problem

発表者
Ivan Tanev 理工学部 教授

連名者
Milen Georgiev
(理工学研究科 情報工学専攻国際科学技術コース2年次生)
下原 勝憲
(理工学部 教授)
Thomas Ray
(Professor, University of Oklahoma, Norman, OK, USA)
理工学部のIvan Tanev教授は、2018年9月12日から14日にかけて行われたThe 18th International Conference on Artificial Intelligence:Methodology, Systems, Applications (AIMSA 2018)において、(i)マイクロおよびナノロボットをモデル化する単純なエージェントの非対称形態、および(ii)そのようなエージェントのチームの協調行動の進化(遺伝的アルゴリズムによる)を提案する研究を発表し、Best Paper Awardを受賞しました。

発表題目
Evolving a Team of Asymmetric Predator Agents That Do Not Compute in Predator-prey Pursuit Problem

発表者
Ivan Tanev 理工学部 教授

連名者
Milen Georgiev
(理工学研究科 情報工学専攻国際科学技術コース2年次生)
下原 勝憲
(理工学部 教授)
Thomas Ray
(Professor, University of Oklahoma, Norman, OK, USA)
関連情報