トピックス

  1. 同志社大学ホーム
  2. 2018年度のトピックス一覧
  3. 理工学部化学システム創成工学科バイオセンシング研究室 橋本雅彦准教授の研究グループの論文がElectrophoresis誌のマイクロフルイディクス研究特集号の表々紙に3年連続で選ばれました

理工学部化学システム創成工学科バイオセンシング研究室 橋本雅彦准教授の研究グループの論文がElectrophoresis誌のマイクロフルイディクス研究特集号の表々紙に3年連続で選ばれました

'19年2月5日 更新
 2019年2月1日に理工学部化学システム創成工学科 橋本雅彦准教授の研究グループのElectrophoresis誌に掲載された論文が、Front Cover(表々紙)に選ばれました。論文が掲載されたのはマイクロフルイディクス研究の特集号であり、2017年、2018年の同特集号の表紙掲載に続き、3年連続で表々紙を飾ることとなりました。また、同誌の前号に続き、二号連続での表紙掲載となりました。
 本論文記載の研究では、五百円硬貨ほどの小型のポンプとクレジットカードサイズのマイクロ流体チップを用いて、単分散性の高い油中水滴を高速かつ高精度に発生させたり、操作したりすることに成功しました。液滴の利用を基盤とした様々な(生)化学分析や機能性材料製造への本マイクロシステムの利用が期待されます。

発表題目
Vacuum-driven fluid manipulation by a piezoelectric diaphragm micropump for microfluidic droplet generation with a rapid system response time

発表者
橋本 雅彦 理工学部 化学システム創成工学科 准教授

共著者
小田 裕貴
(理工学部化学システム創成工学科 卒業)
大嶋 裕史
(理工学部化学システム創成工学科 4年次生)
中谷 将也
(理工学研究科応用化学専攻 博士課程(前期課程)1年次生)
 2019年2月1日に理工学部化学システム創成工学科 橋本雅彦准教授の研究グループのElectrophoresis誌に掲載された論文が、Front Cover(表々紙)に選ばれました。論文が掲載されたのはマイクロフルイディクス研究の特集号であり、2017年、2018年の同特集号の表紙掲載に続き、3年連続で表々紙を飾ることとなりました。また、同誌の前号に続き、二号連続での表紙掲載となりました。
 本論文記載の研究では、五百円硬貨ほどの小型のポンプとクレジットカードサイズのマイクロ流体チップを用いて、単分散性の高い油中水滴を高速かつ高精度に発生させたり、操作したりすることに成功しました。液滴の利用を基盤とした様々な(生)化学分析や機能性材料製造への本マイクロシステムの利用が期待されます。

発表題目
Vacuum-driven fluid manipulation by a piezoelectric diaphragm micropump for microfluidic droplet generation with a rapid system response time

発表者
橋本 雅彦 理工学部 化学システム創成工学科 准教授

共著者
小田 裕貴
(理工学部化学システム創成工学科 卒業)
大嶋 裕史
(理工学部化学システム創成工学科 4年次生)
中谷 将也
(理工学研究科応用化学専攻 博士課程(前期課程)1年次生)
関連情報