1. 同志社大学ホーム
  2. 学生生活・就職
  3. 障がい学生支援について

障がい学生支援について

パソコン通訳

パソコン通訳

身障者専用駐車場

身障者専用駐車場

2021年4月1日に、スチューデントダイバーシティ・アクセシビリティ支援室(SDA室)が開室しました。これまで障がい学生支援室で行ってきた支援については、SDA室が行います。

スチューデントダイバーシティ・アクセシビリティ支援室HPはこちら

本学に在籍する障がいのある学生(Challenged)が、他の学生と等しい条件のもとで学生生活を送れるように、講義保障を中心にさまざまな支援を行う制度です。それぞれ障がいの種類や度合いに応じて柔軟に対応できる体制を整え、ノートテイク(要約筆記)やパソコン通訳といった授業面でのサポートから車椅子介助など生活面のサポートまで、その内容は実にさまざまです。Challenged と支援するスタッフの双方が、互いに理解し合い自律的に成長していくことが、本学の障がい学生支援の狙いであり、そこで得られた成果がコミュニティーに還元されることで、有機的な循環を生み出すことを期待しています。また、学内ではスロープや身障者用トイレなどの環境も整備し、ソフト・ハードの両面から充実した支援を行っています。
障がい学生支援内容については、こちらをご覧ください。
学生相談ハンドブック

4・Q&A(P5-P13)につきましては、教職員のページからご確認ください。