1. 同志社大学ホーム
  2. 在学生
  3. 2024年度からの学年暦

2024年度からの学年暦

イメージ画像

DO Weekから始まる13 + 2の新たな学年暦の導入
-あなただけの新しい学びのかたちのために-

  • 新しい学びのかたち
授業開始が早まり、夏期休暇・春期休暇が長くなる
さあ、自分だけの新しい学びかたを考えよう!
  • Doshisha Opening Week “DO Week”
オリエンテ-ション期間に1週目の授業をオンデマンドで受講
  • 教室13 + オンデマンド2 の基本形
オンデマンド(1週目) + 教室(13週) + オンデマンド(最終週)

2024年度から新たな学年暦を導入します。
通常の教室での授業は13週の授業期間に受講し、残り2週分の授業はオンデマンドで受講することを基本とします。
学期始めの1週間は、履修科目登録を行うオリエンテーション期間と初回のオンデマンド授業が並行する期間となります。
この1週間を「Doshisha Opening Week (DO Week) 」と呼び、新しい学びがスタートします。
夏期休暇期間といわゆる春休み期間が長くなり、フィールドワーク、各種実習、インターンシップ、ボランティア活動等新たな主体的な学びの機会がうまれ、海外留学プログラムの充実や本学で展開される留学生プログラムへの参加機会の増加が期待できます。
新学年暦により、同志社大学であなただけの新しい学びを実現できます。

2024年度からの新学年暦

2024年度からの学年暦で新たに導入する2週分のオンデマンド授業は、イントロダクション(1週分)と、授業の総括や期末試験・レポート試験の解説・講評等(1週分)が基本となります。
初回授業であるイントロダクションは、各学期始めのオリエンテーション期間中の“DO Week”に受講します。
イントロダクションには、シラバスの解説が含まれます。オリエンテーション期間中に、履修科目登録に先立ち初回授業をオンデマンド受講することで、授業の内容を確認することができ、登録科目のミスマッチを回避することにつながります。
13週の教室での授業期間終了後に配信されるもう1週分のオンデマンド授業では、授業の総括や期末試験の解説・講評等が行われます。これにより、授業内容の理解の深まりと知識の定着が期待できます。

News

  • 2022年12月23日 「2024年度からの学年暦」のページを公開しました

「同志社の今」-これまでに開始している取り組み-