1. 同志社大学ホーム
  2. 在学生
  3. キャンパスの禁煙について

キャンパスの禁煙について

 キャンパス内全面禁煙に向けての取り組み

「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約(タバコ規制枠組み条約)」は2003年に採択され2005年に発効されました。条約の主な対策はタバコの需要と供給を減らすことです。
日本は2004年に条約を批准しています。
更に、健康増進法の改正により、2019年7月から大学は原則敷地内禁煙となりました。
同志社大学も2004年にキャンパス全面禁煙を目指した取り組みをしていくことを決定しました。その計画は現在も続いており、今回の健康増進法改正を期に2020年4月には、キャンパス全面禁煙化を完了します。
こうした活動と並行して喫煙者に対して禁煙への取り組みをサポートするなどの方策を講じています。


保健センター禁煙支援(禁煙外来医療費補助)[PDF 118KB]