こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 新島八重と同志社ホーム
  2.  > 八重とその家族
  3.  > 八重の生涯

八重の生涯

新島八重の生涯をご紹介します。

新島 八重(にいじま やえ)

弘化2年11月3日(1845年12月1日)生まれ。
昭和7年(1932年)6月14日永眠。
同志社創立者の新島襄の妻。旧姓は「山本」。
新島 八重

生涯

会津藩の砲術師範であった山本権八・さく夫妻の三女として誕生。戊辰戦争時、会津が戦場となった時には断髪・男装し、会津若松城に籠城しました。自らスペンサー銃を持って奮戦しました。戊辰戦争が始まる前に、但馬出石藩出身で藩校日新館の教授をつとめていた川﨑尚之助と結婚しましたが、会津若松城籠城戦を前に離婚を余儀なくされました。一緒に立て籠もりましたが戦の最中に尚之助は行方不明になりました。
会津藩の敗戦から3年後、1871年26歳の時、京都府顧問となっていた実兄・山本覚馬を頼って上洛します。兄の推薦により京都女紅場(後の府立第一高女)の権舎長・教道試補となり、当時、この女紅場で茶道教授であった13代千宗室(円能斎)の母と知り合い、茶道に親しむようになります。同じ頃、兄の元に出入りしていた新島襄と知り合い、1875年10月に新島襄と婚約しました。当時、新島のキリスト教主義の学校建設を阻止しようと町の僧侶・神官たちが京都府知事・文部省に圧力をかけていた為、京都府は婚約直後、突如女紅場を解雇しました。ちょうどこの頃、新島襄はアメリカの養母であるA.H.ハーディー夫人への手紙で「彼女は見た目は決して美しくはありません。ただ、生き方がハンサムなのです。」と書き送っています。
翌年1月3日に結婚。京都初の日本人同士のキリスト教式の結婚式でした。欧米流の生活スタイルが身に付いていた襄と、男勝りの性格だった八重は似合いの夫婦でした。夫の了解の下での行動ではありましたが、傍目には夫をかしずかせ、車にも夫より先に乗る姿が世間から悪妻と評されました。また、同志社英学校においても戊辰戦争の際、会津藩を攻めた薩摩や長州出身学生を冷遇したり、問題を起こした兄嫁を兄や襄が許しても強行に離縁を主張するなど、周囲との軋轢を生んだことがありましたが、西洋の感覚を身に付けながらも、武士の誇りと道徳にこだわりました。同志社英学校の学生達の演説会に夫婦で出席した際は、当時学生であった徳富蘇峰に演壇より「頭と足は西洋、胴体は日本という鵺(ぬえ)のような女性がいる」と強く非難されましたが、八重は全く動じなかったと伝わっています。
新島襄と八重
1890年、夫の襄が病気のため急逝します。襄の臨終の床で徳富蘇峰に過去の非礼を詫びられ、和解しました。2人の間に実子はありませんでした。
夫の死後、篤志看護婦となって、特に日清戦争、日露戦争では傷病兵の看護にあたりました。
1932年6月14日、寺町丸太町上ルの自邸(現・新島旧邸)にて86歳で亡くなりました。葬儀は「同志社の母」として社葬され、2000人もの参列者がありました。八重は夫・襄の隣、京都市左京区若王子の京都市営墓地内同志社墓地に埋葬されています。
.