こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. 新島八重と同志社ホーム
  2.  > 同志社関連施設
  3.  > 新島旧邸ガイド
  4.  > 八重さんとめぐる
  5.  > 茶室

茶室

もともと洋間であった場所に、八重が茶室「寂中庵」を設置したのは、大正期はじめのことです。八重は、襄の永眠後に裏千家へ入門、茶道教授の免状を受け、「寂中庵」にて稽古や茶会を開いていました。
茶室の扁額の文字は、裏千家第十三代・圓能斎鉄中の揮毫によるものです。

茶室
.