Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 学部・大学院
  3.  > 理工学研究科

深い学識と高度な専門知識を持つ人材、自立した研究活動を行える人材を輩出する。

課程別専攻名授与学位
博士課程(前期課程)博士課程(後期課程)修士博士
情報工学専攻情報工学専攻工学工学
電気電子工学専攻電気電子工学専攻
機械工学専攻機械工学専攻
応用化学専攻応用化学専攻工学/理学工学/理学
数理環境科学専攻数理環境科学専攻
 理工学研究科は情報工学、電気電子工学、機械工学、応用化学、数理環境科学の5専攻から構成され、各専攻に博士課程(前期課程)および博士課程(後期課程)が設置されています。前期課程では、各専攻分野についてのより深い学識と高度な専門知識を持ち、専門性が求められる職業に従事できる人材の育成、後期課程では、自立して研究活動を行うことができる人材の育成を目指しています。また、2006年度に設置された「同志社MOTコース」では、理工学研究科の前期課程を修了した後、ビジネス研究科で技術経営を学ぶことにより、3年間で2つの学位を取得することができます。2010年には生命医科学研究科との連携によって主に留学生を対象とする「国際科学技術コース」が設置され、英語で講義が行われる「国際科学技術コース」の科目が履修できるなど、よりグローバルな人材育成の可能性が広がりました。理工学研究科は、2012年度に文部科学省「博士課程教育リーディング・プログラム」に採択された「グローバル・リソース・マネジメント」の基幹研究科となっており、博士前期・後期課程の一貫したプログラムを通じて文理融合の知識を修得することも可能です。
 進学にあたっては、一般入試、本学学部の成績上位者に対する推薦制度、学部3年次生からの「飛び入学」制度があり、また、企業で働く社会人がさらに高度な知識・能力を養う場を提供することを主眼とした社会人特別選抜入試制度も導入しています。企業で経験を積んだ大学院生と、学部から進学してきた大学院生との交流が、多くの刺激を育むことを期待しています。後期課程においては、春学期入学のみならず、秋学期入学も導入しました。理工学研究科に入学した大学院生は、優れた教育・研究実績を持つ教員の指導のもと、トップレベルの研究施設を利用し、充実した研究生活を送っています。大学院生の得た成果は、積極的に国内外の学会や学術雑誌で発表され、高い評価を受けています。

さらに詳しい情報は理工学部/理工学研究科でご案内しています。

理工学部/理工学研究科オリジナルサイトでは、以下の情報もご案内しています。

  • 理工学部・理工学研究科について
  • 教育・研究
  • キャンパスライフ
  • Q&A
  • 入試情報
  • 特色ある取り組み
  • 進路・就職
このページの先頭へ