Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 学部・大学院
  3.  > グローバル・コミュニケーション学部(概要)

グローバル・コミュニケーション学部(概要)

卓越したコミュニケーション能力と学際的教養を備えた、真の国際人へ

グローバル・コミュニケーション学部

 グローバル社会で多様なバックグラウンドを持った人々と共生し、世界を舞台に活躍するには、単なる外国語運用能力の枠を超えた力が求められています。論理的に意見を述べる能力や、知識に裏打ちされた交渉力、多文化社会の諸問題への対応力がそれであり、次世代の国際人に欠かせない資質と言えるでしょう。同志社大学は創立以来、「国際主義」を教育理念に掲げ、時代の要請に基づいてさまざまな国際教育を実施してきました。2009年度には文部科学省の「国際化拠点整備事業(現:大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業)」に選定され、日本を代表する国際的学術拠点として注目を集めています。そして2011年、これまで蓄積してきた教育・研究を進化・発展させ、「世界へ通じる対話力」をキーワードに、グローバル・コミュニケーション学部を新設しました。
 この学部は、英語、中国語、日本語(留学生対象)の3コースで構成されます。特徴は実践と教養の両方に重点を置いた多彩なカリキュラム。実践的な外国語運用能力を段階的に強化するとともに、言語の背景となる文化・社会に関する広範囲の知識を学びます。英語・中国語コースの必修科目である1年間のStudy Abroad(留学)や、日本人学生と外国人留学生が共同で推進するSeminar Projectを通じて、あらゆるシーンでfacilitator、negotiator、administratorとして活躍するための判断力や国際感覚を磨きます。

学びのポイント
  • 実践と教養のバランスの取れたカリキュラム
  • 1年間のStudy Abroad(英語・中国語コース)
  • 3コース共通のSeminar Project

設立年

2011年度開設。高度な外国語運用能力とともに、幅広い教養、異文化理解力を養う

学科(1学年定員)

グローバル・コミュニケーション学科(158)

主たる校地

京田辺

専任教員数

28

学生数(女子)

623(424)

学部の特色

  1. 卓越した実用的外国語運用能力を育成
    1年間のStudy Abroad必修
    (英語コース、中国語コース)
  2. グローバル社会でfacilitator、negotiator、administratorとして活躍できる人物を育成

取得できる免許・資格

  • 小学校教諭一種
  • 中学校教諭一種(英語)
  • 高等学校教諭一種(英語)
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員 など
※中国語コース、日本語コースには、教職課程および学校図書館司書教諭課程は設置されていません。

関連のある主な資格

  • TOEFL®テスト
  • TOEIC®テスト
  • 実用英語技能検定(英検)
  • 国際連合公用語英語検定試験(国連英検)
  • 中国語検定試験
  • 漢語水平考試(HSK)
  • J.TEST 実用日本語検定
  • BJTビジネス日本語能力テスト など

卒業後の主たる進路

  • 大手企業(商社、金融、メーカー、マスコミ、航空、海運、旅行など)
  • NPO、NGO
  • 通訳、翻訳家
  • 大学院進学

さらに詳しい情報はグローバル・コミュニケーション学部でご案内しています。

グローバル・コミュニケーション学部オリジナルサイトでは、以下の情報もご案内しています。

  • 学びの特長
  • Q&A
  • 多様な留学先

関連情報

このページの先頭へ