Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 学部・大学院
  3.  > 文学部(概要)

人間社会の本質を理解することで、社会を生き抜く知識を身につける

文学部

 政治、経済、科学、文化など、社会におけるさまざまな変化が新聞やテレビで報じられています。しかし、いかに激しい変化といえども、そのきっかけとなるのは人間である場合がほとんどです。文学部の学びは、一つひとつの変化に対処する方法ではなく、このように変化を生み出す人間の営みを見つめるところにあります。文学、言語、哲学、美術や芸術、歴史など、そのアプローチの方法は異なっても、目指すものは一つ。人間が生み出したものを考察し、人間社会の本質を理解すること。これにより、複雑に変化する世界を生き抜くための軸となる、普遍的なものの見方を養うことができるのです。
 現在、多くの大学において文学部を学際化する傾向が見られますが、同志社大学はそれをせず、あえて各学科の専門性を高めていくという選択をしました。専門分野の深い知識を修得すれば、それを「核」とし、学生が自らの興味に応じて有機的に知識をつなげることが可能になると考えるからです。また、同志社大学文学部は、その歴史を1875年に誕生した「同志社英学校」にまでさかのぼることができます。その約140年にわたる歴史の舞台である京都のまちには、数え切れないほど多くの有形、無形の文化が今もなお息づいています。幅広い教養を身につける上でも、深い学びを求める上でも、この上ない環境と言えるでしょう。

国際主義のもとで、自分を磨く

 文学部の特徴は、その国際主義にあります。他学部に比べて、文学部生は積極的に長期・短期の留学に挑戦しています。大学が海外の協定校に派遣する留学生のうち、実に4分の1を文学部生が占めています。また、海外からの留学生が文学部で、日本の歴史・文学・思想・美術・芸術を学んでいます。さらに、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、アメリカ、中国、韓国、台湾などの研究機関や研究者と交流を続ける教員が、共同研究や国際シンポジウムを精力的に実施しています。留学生が交流し、第一線の国際的研究が展開する文学部において、真に世界に通じる〈ものの見方〉やコミュニケーション力を磨くことができるでしょう。

学びのポイント
  • 専門性の高い、深く広い学び
  • 意欲を引き出す少人数教育

設立年

1875年同志社創立以来の英文学科をはじめ、5学科で構成

学科(1学年定員)

英文学科(300)
哲学科(65)
美学芸術学科(65)
文化史学科(120)
国文学科(120)

主たる校地

今出川

専任教員数

72

学生数(女子)

3,012(1,984)

学部の特色

  1. 日本文化伝統の地、京都で本物の文化に触れ、生きた学びを体感
  2. 歴史ある少人数教育による手厚い教育指導を実施

取得できる免許・資格

  • 小学校教諭一種
  • 中学校教諭一種
    (英語、国語、社会)
  • 高等学校教諭一種
    (英語、国語、地理歴史、公民)
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 博物館学芸員 など

関連のある主な資格

考古学技師 など

卒業後の主たる進路

  • 教育・福祉
  • 大手企業
    (金融、出版、サービス など)
  • 国家・地方公務員
  • 博物館学芸員
  • 図書館司書
  • 大学院進学

さらに詳しい情報は文学部/文学研究科でご案内しています。

文学部/文学研究科オリジナルサイトでは、以下の情報もご案内しています。

  • WEB学生記者編集室
  • 父母会

関連情報

このページの先頭へ