Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

同志社講座

概要

同志社講座は、世界や日本でつぎつぎに起こる動きの背景や社会的課題をテーマに展開する社会人向け講座です。同志社大学の教員や社会の一線で活躍する卒業生が講師となり、受講生と共に考え、学ぶ楽しさ、より深い「知」の世界を提供しています。 プログラムは春学期(4月開講)、秋学期(10月開講)の半期単位です。

WEB申込みはこちら(同志社東京HUBサイト) または受講申込書 [PDF 149KB]FAXで送付  FAX:03-6228-7262

同志社講座2017春学期

“ヒトのはじまり”を探る赤ちゃん学
講師:小西 行郎 同志社大学赤ちゃん学研究センター 教授/センター長
小西
マインドフルネスと コンパッション
講師:飯塚 まり 同志社大学大学院ビジネス研究科 教授
飯塚
中国における「新常態」と国有企業改革
講師:横井 和彦 同志社大学経済学部 教授
横井
「良心」の現代的意義-神学・外交・インテリジェンスの視点から
講師:小原 克博 同志社大学神学部 教授/良心学研究センター長
佐藤 優 作家・元外務省主任分析官 同志社大学 神学部客員教授
小原佐藤
脂肪組織のキャラクターと正しい付き合い方
講師:井澤 鉄也 同志社大学スポーツ健康科学部 教授
井澤
キトラ古墳にのこされた天文図
講師:宮島 一彦 元同志社大学理工学部 教授

宮島
講師:小西 行郎 同志社大学赤ちゃん学研究センター 教授/センター長藤井 進也 慶應義塾大学 環境情報学部 専任講師山口 真美 中央大学 文学部心理学研究室 教授上野 有理 滋賀県立大学 人間文化学部 准教授乙部 貴幸 仁愛女子短期大学 幼児教育学科 准教授志村 洋子 同志社大学 赤ちゃん学研究センター 嘱託研究員麦谷 綾子 NTT コミュニケーション科学基礎研究所 主任研究員三池 輝久 熊本大学 名誉教授竹下 秀子 滋賀県立大学 人間文化学部 教授遠藤 利彦 東京大学 大学院 教育学研究科 教授
講座概要:異分野研究を連携、融合させ、ヒトのはじまりである赤ちゃんの発達を科学的に解明しようとする新しい学問分野『赤ちゃん学』は、その研究成果を赤ちゃんの育つ現場や、「人」の成り立ちを知ろうとする方々に還元するところまでを目的とします。保育や育児、あるいは人にかかわるすべての人にヒントとなる発達の基礎に関する新しい知見を、それぞれの専門分野から学びます。
小西
講師:浜 矩子 同志社大学大学院ビジネス研究科 教授
講座概要:グローバル時代といわれ久しい。グローバル化の反動が世界各所で起こっている。では、グローバル時代とはどのような時代なのか。日々世界で人々が繰り広げる事件、事象はグローバル時代の何を現しているのか、そしてどこに向かうのか。この謎解きへの挑戦は、本講座がめざす「経済名探偵」への一歩です。謎解きを可能にする力を身につけ、経済を通じて世の中の真相をつかむ力をつけましょう。
浜
講師:保阪 正康 ノンフィクション作家・評論家 日本近現代史研究者
講座概要:太平洋戦争の開始から76年、この戦争も歴史の段階に入った。同時代の解釈とは別に歴史上の見方が示されることになった。善悪や好悪の感情は別にして、この戦争は人類史の上ではどのように語られるのだろうか。その内容を改めて検証してみたい。現在、次代の研究者たちの見方は、「日本の侵略戦争」「日本の防衛戦争」、あるいは、「第二次世界大戦の一断面」などに分けられるようだが、しかしその分析を見ていくとまったく新しい見解もでている。この戦争をどのように捉え、そして次代に伝えていくかは、あの戦争体験世代にとってもっとも重要なことである。
保阪
講師:佐藤 優 作家・元外務省主任分析官 同志社大学 神学部客員教授
講座概要:キリスト教神学には、他の学問と異なる独自の思考法がある。この思考法を身につけると、他の人には見えない事柄の背景が見えるようになる。また、人間についての洞察力がより深くなる。本講座では、チェコのプロテスタント神学者ヨゼフ・ルクル・フロマートカの主著『人間の途上にある福音』を読み解くことを通じて神学的思考の体得につとめる。
佐藤
講師:前田 久美 英語講師
講座概要:英会話の知識が少しあり、リラックスした雰囲気の中で楽しく英会話にふれる機会をお探しの方、外国人との会話で簡単で役立つ表現を学びたいと思っている方にお薦めの講座です。講義のキーワードは「おもてなし」です。状況に応じたやさしいフレーズをいくつかマスターしていきます。外国人に伝えたいことを自分なりにやさしい単語に置き換え、それを自分の ”ことば” で「外国人に伝える表現を考える」作業を繰り返すトレーニングで身につけていきます。ネイティブがよく使う相槌なども使い、上手に会話を転がしていくTipsにもふれます。ペアワーク、ディスカッションで受講生が主役の90分です。
前田
講師:前田 久美 英語講師
講座概要:英語の知識は多少あるけれど、アウトプットが思うようにいかない。英文法も含め、英語学習を再スタートしたい、またはブラッシュアップしたいとお考えの方にお薦めです。「毎週・トレーニング・継続」をキーワードに、日常会話で使う表現をダイアローグから学びます。カンバセーションを中心に文法・発音・リーディング・ライティングを効率よく学習していきます。「知っている英語」から「使える英語」へ。自分の“ことば”で英語を発することで表現力を身につけていきましょう。
前田

同志社講座2016秋学期・2017春休みスペシャル

Doshisha Evening Academy 中東の激震と欧州の危機(2/23)
講師:内藤 正典 同志社大学グローバル・スタディーズ研究科 教授
講師より:シリア、イエメン、リビアと中東の秩序は崩壊に向かっている。「イスラム国」の衝撃と難民危機は、欧州各国にも大きな影響を与えている。テロの問題、難民に対する排外主義は、いまや欧州全域で反イスラムの動きを活発化させている。しかし同時に、すでに世界人口の4人に1人となっているイスラム教徒との共存は喫緊の課題である。世界はこの難局にどう対処していくのか?中東から欧州までを俯瞰して解説する。
内藤
源氏物語 桐壺の巻を読む(3/2、3/9)
講師:岩坪 健 同志社大学文学部教授
源氏物語は54の巻から成り、第1巻は桐壺(きりつぼ)の巻です。紫式部は第1巻から順に執筆したのではない、という説が学会では有力です。その説によれば、源氏物語の一部が世間に広まり有名になってから、桐壺の巻が書かれたことになります。たしかに当巻は源氏物語の始まりにふさわしい、格調高い巻です。桐壺の巻は光源氏の両親の出会いから始まり、光源氏が12歳で元服するまでを描きます。野分(のわき)の段など、名文の誉れ高い名場面が目白押しです。古文を読みながら、当時の慣習や儀礼についてもお話します。春の昼下がり、ご一緒に源氏物語の世界に浸りましょう。
岩坪先生
Doshisha Evening Academy 民主主義のゆくえ(3/10)
講師:真山 仁(小説家)
講師より:英国のEU離脱、トランプ現象、韓国大統領弾劾、そして不動の人気を誇る安倍政権――。こうした現象を、民主主義の危機と捉えるのか、民主主義の覚醒と考えるのか意見が分かれるところだ。この問題を考えるに当たって、重大な視点がある。まず、民主主義は善悪では語れない。そして、民主主義の主役は、政治家ではなく国民一人ひとりであること。何よりも、民主主義とは異なる意見を持つ人たちが一堂に会し、意見をぶつけあう場からしか生まれないことを忘れてはならない。その場で何より重要なのは、主張する以上に、異なる立場や主義の人の意見を聞く「耳」を持つことだ。にも関わらず、現在日本で蔓延している「民主主義」なるものは、声高に自己主張し、反対者は非難し殲滅することしか頭にない。この幼稚な民主主義からの脱却のために、我々は今一度、民主主義の本質と功罪を考える時が来ている。
真山

(C)Bungeishunju Ltd.All Rights Reserved.

SF映画と国際政治(3/15)
講師:村田 晃嗣(同志社大学法学部教授) 
講座概要:日米のSF映画を題材にしながら、そこに国際政治がどのように関係し、どのように描かれてきたのかを分析し、映画と政治の関係について考えてみたい。懐かしい映画をできるだけ多く取り上げたい。3/15は第5回として、今後のSF映画と国際政治の関係について展望する。
村田
万葉恋愛講座~恋する群像(3/16)
講師:垣見 修司(同志社大学文学部准教授)  
講座概要:万葉集には、失恋や遠距離恋愛、さらにはちょっぴり哀しい片思いまでもが豊かに歌い込まれています。名だたる万葉歌人の駆け引きめいた歌の数々や、誰の作ともわからない歌に描かれる切ない恋ごころを読みすすめていけば、恋愛ドラマに見られるようなさまざまな恋愛のかたちが示されていることに気づかされます。恋に悩む万葉びとの日々の様子を学びながら、普遍的な心のあり様を考えます。3/16(第5回)のテーマは「失恋と離別」です。
垣見
会場・アクセス同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室 交通アクセス
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階
※「東京」駅八重洲南口から徒歩6分 、地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分。みずほ銀行脇の入口からお入りください。
お問合せ先同志社大学東京オフィス(平日 9:00~17:00)
TEL:03-6228-7260 FAX:03-6228-7262 
E-mail:ji-toky1@mail.doshisha.ac.jp 東京オフィスオリジナルサイト
申込方法以下のいずれかの方法でお申し込みください。
WEB申込みはこちら(同志社東京HUBサイト)から 
2017春学期受講申込書 [PDF 149KB]2017春休みスペシャル受講申込書 [PDF 165KB]2016秋学期受講申込書 [PDF 429KB]FAX(03-6228-7262)で送付。 
お申込み・受講に関する注意事項○各講座とも定員になり次第、受付を終了いたします。
○受講料は、指定の講座を除き講座当日に受付でお支払いください。
(「おもてなし感を演出、あなたもできるやさしい英会話」 「ダイアローグから学ぶ英文法と実践英会話」は事前振込み制です)
○開講後もしくは振込み後は、受講料の払い戻しはいたしません。
○万が一、開講出来ない場合は開講の1 週間前までにお申込みいただいた方にご連絡いたします。
○開講が決まりましたら、事務局より受講票を郵送いたします。
○受講票(ハガキ)は受講時に受付にお出しください。
○全回ご出席の方には「修了証」を最終回にお渡しいたします。
(Doshisha Evening Academy を除く)
○休講・補講
1、講師の都合および事故、台風、天災、交通機関ストライキ等によりやむを得ず休講する場合があります。
2、休講が事前に判明した場合は同志社大学HP および同志社TOKYO HUB サイトに掲載の上、各個人にメールにてお知らせし、補講等の対応をいたします。
○受講時は
1、講義中は携帯電話の電源をお切りいただくか、機内モードにしてください。
2、講座の録音、録画、写真撮影は講師の許可がある場合を除き禁止です。

過去の同志社講座一覧

このページの先頭へ