Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 同志社大学で学びたい方へ
  3.  > 学部入試
  4.  > 理工学部
  5.  > OB・OG MESSAGE 卒業生メッセージ(理工学部:中井さん)

OB・OG MESSAGE 卒業生メッセージ

理工学部

日本精工株式会社 自動車軸受本部 自動車軸受技術センター ドライブトレイン軸受技術部 
中井 貴美子 さん

授業と研究を通して、開発に直結するスキルを獲得

 モノの分解に目覚めたのは中学生の頃です。壊れたビデオデッキなどを分解して、音の出る仕組みを探ったり、形状の理由を考えたりすることが面白く、その興味が機械システム工学科の選択につながりました。大学時代に所属した松岡敬先生と平山朋子先生の機械要素・トライボロジー研究室では、「摩擦」の奥深さに魅了されて研究に没頭。オープンな研究室で、研究職に携わっている卒業生たちの出入りも多く、体験談を聞くたびに将来への夢が膨らんでいきました。私が携わっている軸受の開発・設計は、「摩擦」の研究に直結しており、大学で修得した知識の全てを活かせる仕事です。機械システム工学科では数学や物理、機械材料などの知識をしっかり学びますが、新しい機械部品の開発において、それらの基礎知識がとても重要です。基礎を積み重ねることで技術的な嗅覚が養われ、実用的な発想につながるからです。「機械設計法演習」など実習が充実している授業で身につけた実践的なスキルも、現在の仕事に非常に役立っています。改めて理工学部の“社会に出てから役立つ教育”を実感しています。
中井 貴美子 さん
2006年 工学部機械システム工学科 卒業 ※ 現 : 理工学部機械システム工学科
2008年 工学研究科数理環境科学専攻 修士課程修了 ※ 現 : 理工学研究科数理環境科学専攻
 入社後、開発部を経て現在の部署へ異動。自身が開発した軸受を、取引先の希望に合わせてカスタマイズ設計している。将来の目標は、取引先の潜在的ニーズが反映された製品の開発。「同志社大学の140年に及ぶ歴史を感じながら学生生活を送ってほしい。先輩がいて、自分がいて、さらに次の代に伝えていく。そのつながりを感じて、知識や技術はもちろん、人の役に立つために何ができるかを考えてください」と語る。
このページの先頭へ