Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 同志社大学で学びたい方へ
  3.  > 学部入試
  4.  > 政策学部
  5.  > OB・OG MESSAGE 卒業生メッセージ(政策学部:森さん)

OB・OG MESSAGE 卒業生メッセージ

政策学部

株式会社静岡朝日テレビ 報道制作局 報道制作センター アナウンサー
森 直美 さん

社会の仕組みを多角的に見る視点を、報道の世界で発揮

 「興味のある学びを見つけて掘り下げたい」。幅広い分野を学べる政策学部は、そんな私にぴったりの刺激的な学部で、特に足立光生先生の資本市場政策のゼミは、新しい発見の連続でした。たとえば国際金融の動きからローカルニュースまで、さまざまな出来事を取り上げ、ディスカッションを通して深く考える中で、企業の仕組みやお金の流れを理解していきました。遠い世界で起きている事象と、普段の生活との密接な関係性に気づけたことも収穫です。先生との距離が近く、対話の機会が多かったことも、学ぶ意欲を高めてくれました。また、在学中に出身である姫路市の観光大使を経験した際は、「観光政策」の授業での学びをPR活動の中で実践。住民の方の地元への愛を実感し、それが観光客誘致の原動力になることを実体験として理解できました。アナウンサーは、政治、経済、事件、事故、生活など、伝える情報が多岐にわたります。それらを自分の言葉で伝える際には、大学で得た幅広い知識が大きな支えになっています。学びの全てが仕事につながっている。これが今の私の実感です。
森 直美 さん
2010年 政策学部 卒業
 入社2年目から、念願だったスポーツ情報番組を担当。2020年の東京オリンピックに向け、「サッカーが盛んな土地柄もあり、スポーツという分野を核に、静岡県が今後どのように活性化していくかも探っていきたい」との抱負も。「政策学部は自分次第でどんな進路もめざすことのできる、間口の広い学部だと思います。さまざまな分野にわたる学びで自分の視野を広げて、必要な時に柔軟に動けるよう心構えを」と語る。
このページの先頭へ