Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 教職員募集
  3.  > 教員採用(理工学部)

教員採用(理工学部)

理工学部環境システム学科 公募

募集人員教授 1名
着任時期2019年4月1日着任
任期なし
応募資格博士の学位を有し,下記に記載した科目の担当,および生態学を基礎として下記の分野の教育・研究に熱意を持って積極的に取り組むことができる人物。
担当分野生命環境保全
担当予定科目生物学基礎,生物学II,生態学,科学技術論,保全生態学,生命の科学1・2,環境システム基礎実験A,環境システム応用実験A,卒業研究I・II等。
提出書類
  1. 履歴書(本学所定書式)
  2. 業績書(本学所定書式)
    学位論文,査読付学術論文,査読無学術論文,著書,総説,学会発表等に分けて記載してください。
    履歴書および業績書(本学所定書式) [Excel 66KB]
  3. 主要研究論文の別刷り 5編以内(各2部,コピー可)
    後日,他のものについても提出をお願いすることがあります。
  4. これまでの研究テーマとその内容(A4用紙,2000字程度)
  5. 着任後の教育・研究に関わる抱負(A4用紙,2000字程度)
  6. 推薦書,または応募者について意見の伺える方1名の氏名と連絡先
応募締切2018年8月31日(金)必着
選考方法提出書類による一次選考の後,面接による二次選考を実施します。
書類送付先〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学理工学部環境システム学科
教務主任 大園享司
  • 封筒の表に「教員応募書類在中(環境システム学科)」と朱書し,簡易書留で郵送してください。応募書類は返却致しませんので,あらかじめご了承ください。
問合わせ先同志社大学理工学部環境システム学科
教務主任 大園享司 E-mail:tosono@mail.doshisha.ac.jp
その他環境システム学科の教育研究内容,設置科目の概要については次のサイトをご参照ください。

理工学部情報システムデザイン学科 公募

募集人員准教授または助教(任期5年) 1名
分野情報工学一般
応募資格着任時に博士の学位を有し,専門分野において優れた研究業績があり,学部の教育に熱意を持つ方
職務情報工学教育および研究指導を担うことを主担務とし,オブジェクト指向プログラミングなどの講義や演習実験を担当でき,専門分野の研究活動でリーダーシップを発揮できること. 担当予定科目は,ソフトウェア設計技法,プログラミング(Java,C),情報システム演習実験,情報システム実習,卒業論文など.理工学部組織などの詳細はhttp://se.doshisha.ac.jp/ をご覧下さい.
着任時期2019年4月1日に着任
待遇本学規定による.
提出書類
  1. 履歴書(電話番号とE-mailアドレスを明記),様式自由
  2. 業績書(査読付き学術論文,査読付き国際会議論文,著書,解説,その他の研究発表,特許,受賞歴,外部研究資金の獲得状況などに分類したもの),様式自由
  3. 主要論文の別刷(5編程度,各1部,コピー可)
  4. これまでの研究経過と着任後の研究計画(A4用紙1枚程度)
  5. 教育・研究についての抱負(A4用紙1枚程度)
  6. 応募者についての所見を求めることができる方2名の氏名,所属,連絡先(電話番号とE-mailアドレスを明記)
  7. 顔写真1枚(「縦45mm×横35mm」のカラー写真をA4用紙に貼付)
応募締切日2018年8月17日(金)必着
選考方法書類審査(一次選考)と面接(二次選考)による.
問い合わせ先(なるべくE-mailでお願いします)
情報系学科教務主任 土屋誠司
Tel: 0774-65-6948,E-mail:stsuchiy@mail.doshisha.ac.jp
応募書類提出先〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学理工学部情報系学科 教務主任 土屋誠司
  • 封筒には「情報システムデザイン学科 教員【情報工学一般】応募書類」と朱書し書留郵便でお送り下さい.
  • 提出書類は一切返却しません.書類は審査終了次第廃棄し,書類に含まれる個人情報は選考以外の目的には使用しません.
  • 二次選考の面接は本学京田辺キャンパスで行い,交通費は応募者の負担とします.

理工学部化学システム創成工学科 公募

公募人員准教授1名
所属理工学部化学システム創成工学科
任期任期5年(2019年4月1日~2024年3月31日)
専門分野生物化学工学,分離工学,反応工学
応募資格博士の学位を有し,上記専門分野での高い研究意欲と実績を持ち,学生指導・教育にも積極的に取り組むことができる方
担当科目化学システム創成工学科および大学院応用化学専攻での講義ならびに実験を担当
着任時期2019年4月1日に着任
提出書類2,3については所定の用紙をダウンロードし,書類を提出してください.
  1. 連絡先(電話番号,電子メールアドレスを含むこと)
  2. 履歴書(写真添付)履歴書業績書(記入見本付) [Excel 66KB]
  3. 業績書:(a)原著論文,(b)著書,総説,(c)プロシーディング・紀要など(それらを分類して年代順に並べること),(d) 研究費取得状況,招待・依頼講演,特許,受賞など特記すべき事項
  4. 主要論文10 編以内の別刷またはコピー
  5. 研究業績の概要(図表を含めA4 用紙で2 枚程度)
  6. 着任後の研究・教育に対する抱負(図表を含めA4 用紙で2 枚程度)
  7. 本人についての所見を求めることができる方2 名の氏名・連絡先(電話番号,電子メールアドレスを含むこと)
応募締切日2018年7月20日(金)必着
書類送付・問 合 先〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学理工学部化学システム創成工学科 松本道明宛
Tel:0774-65-6655,Fax:0774-65-6655
E-mail:mmatsumo@mail.doshisha.ac.jp
その他
  1. 応募書類は簡易書留とし,「化学システム創成工学科教員応募書類在中」と朱書してください.
  2. 最終選考において研究成果や研究・教育の抱負に関するヒアリングを実施します.
  3. 審査後,応募書類の返却を希望される方は,郵便番号・住所・氏名を記載し,郵便切手を貼った返信用封筒を同封してください.

理工学部電子工学科(通信工学 分野) 公募

公募人員准教授あるいは助教 1名
専門分野通信工学を専門とする方で,電子工学科の教育に積極的に取り組み,また通信方式に関する卒業研究の指導をして頂ける方.
担当科目電気系学科関連科目
応募資格着任時に博士の学位を有し,専門分野で研究業績があり,教育・研究に熱意がある方.
着任時期2019年4月1日に着任
提出書類
  1. 履歴書(写真添付) 履歴書業績書(記入見本付) [Excel 66KB]
  2. 研究業績一覧(著書,学術論文,国際会議論文,その他),
  3. 主要な論文の別刷り(10編以内),
  4. 着任後の教育と研究に関わる抱負(A4で2枚程度),
  5. 推薦書(可能ならば)または本人について所見を求めうる方の氏名と連絡先
面 接 等書類選考の上,必要に応じて面接およびセミナーを行うことがある.
応募締切日2018年8月24日(金)必着
書類送付・問 合 先〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学理工学部電気系学科主任 加藤 利次
Tel:0774-65-6322,Fax:0774-65-6801
E-mail:tkato@mail.doshisha.ac.jp

応募書類は「電気系教員応募書類」と表に朱書きした封筒を使用し,
簡易書留で送付すること(秘密厳守,応募書類は返却しません).
その他面接の際の交通費は、応募者の負担とします。

理工学部電気工学科(光エレクトロニクス 分野) 公募

公募人員准教授あるいは助教(任期5年,任期なしポストへの移行の可能性あり) 1名
専門分野光エレクトロニクスを専門とする方で,
電気・電子工学科の基礎教育(電気磁気学,電気回路等)に積極的に取り組み,
また光通信・マイクロ波フォトニクス関連分野の卒業研究の指導をして頂ける方.
担当科目電気系学科関連科目
応募資格着任時に博士の学位を有し,専門分野で研究業績があり,教育・研究に熱意がある方.
着任時期2019年4月1日に着任
提出書類
  1. 履歴書(写真添付) 履歴書業績書(記入見本付) [Excel 66KB]
  2. 研究業績一覧(著書,学術論文,国際会議論文,その他),
  3. 主要な論文の別刷り(10編以内),
  4. 着任後の教育と研究に関わる抱負(A4で2枚程度),
  5. 推薦書(可能ならば)または本人について所見を求めうる方の氏名と連絡先
面 接 等書類選考の上,必要に応じて面接およびセミナーを行うことがある.
応募締切日2018年9月21日(金)必着
書類送付・問 合 先〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学理工学部電気系学科主任 加藤 利次
Tel:0774-65-6322,Fax:0774-65-6801
E-mail:tkato@mail.doshisha.ac.jp

応募書類は「電気系教員応募書類」と表に朱書きした封筒を使用し,
簡易書留で送付すること(秘密厳守,応募書類は返却しません).
その他面接の際の交通費は、応募者の負担とします。
このページの先頭へ