Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 教職員募集
  3.  > 教員採用(グローバル地域文化学部)

教員採用(グローバル地域文化学部)

教員(英語専任)の公募について

1.任用職名助教、准教授または教授
2.担当科目全学共通科目(英語)、および学部科目
3.採用人員1名(アジア・太平洋コース)
4.採用予定日2018年4月1日
5.応募資格
  1. 英語教育学(応用言語学)を専門とする者。または英語教育の分野で実績のある者。
  2. 博士の学位を有する者、またはそれに準ずる者。
  3. 国籍は問わない。ただし、本学での職務遂行上必要な日本語運用能力を有すること。
  4. 英語教育・語学カリキュラム策定などに豊かな経験がある者(大学レベルが望ましい)。
  5. 教育・研究のほか、各種校務に積極的に関わる意志のある者。
  6. 採用後、近畿圏に居住できる者。
6.提出書類
  1. 履歴書および研究業績書、各1通。
    履歴書 [Excel 26KB] 履歴書見本 [PDF 138KB]
    業績書 [Excel 26KB] 業績書見本 [PDF 187KB]
  2. 主たる業績3点(抜き刷り、コピー可)。業績のうち1点は英語で書かれたものとする。各々4部ずつ(ただし著書の場合は現物1部)提出のこと。各業績について日本語要約を添付すること。(A4版用紙で各800字以内・書式自由)
  3. 学位証明書(コピーでも可。ただし原本の提示を求めることがある。)
  4. TESOLの資格(diplomaまたはcertificate)を有する者は、その証明書類のコピー。
  5. 英語教育に関する提言:「グローバルな視点からみた今後の大学における英語教育のあり方についての提言」(A4版用紙で2,000字程度・書式自由)。4部提出。
7.応募締切日2017年7月4日(火)必着
8.書類提出先〒602-0898
京都市上京区烏丸通上立売上る
同志社大学 グローバル地域文化学部
学部長 圓月 優子
注)封筒の表に「教員(英語専任)応募書類在中」と朱書し、必ず書留便で送付すること(宅配便可)。
9.その他
  1. 選考の過程で応募業績の原本及びその他の業績の原本の提出を求めることがある。(7月中旬頃)
  2. 必要な時点で学位記(原本)の提示を求めることがある。
  3. 必要に応じて面接を行う。また模擬授業の実施を求めることがある。(9月中旬頃)
  4. 面接に際し、本学部所定の交通費を支給する。
  5. 選考結果については、選考終了次第、直接本人に通知する。
  6. 上記6の提出書類は原則として返却しない。返却を希望する際は、送付先を明記した着払い伝票を同封のこと。
  7. 夏期休暇中に連絡先が変わる場合には、A4版用紙に変更期間、変更先の住所、電話/ファックス番号、Eメール・アドレスなどを記載したものを、必ず応募書類に同封すること。
問合せ先同志社大学グローバル地域文化学部
電話:075-251-2610  Fax:075-251-2781
Eメール:ji-grjm@mail.doshisha.ac.jp
グローバル地域文化学部ホームページ
同志社大学ホームページ
付記提出いただいた書類は厳重に保管・管理し、審査終了後は責任を持って破棄いたします。
また、提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。

アメリカコース(スペイン語)専任教員の公募について

1.任用職名助教、准教授、または教授
2.担当科目ラテンアメリカ地域と社会に関連する専門科目、卒業論文指導、スペイン語
3.採用人員1名(アメリカコース)
4.採用予定日2019年4月1日【採用予定日にご注意ください】
5.応募資格
  1. ラテンアメリカを主とする地域研究を専門とする者。
  2. 博士の学位を有する者、またはそれに準ずる者。
  3. 国籍は問わない。ただし、本学での職務遂行上必要な日本語能力を有すること。
  4. 近畿圏に居住できる者。
  5. 学部運営の業務に積極的に関わることのできる者。
6.提出書類
  1. 履歴書および研究業績書、各1通。
    履歴書 [Excel 26KB] 履歴書見本 [PDF 138KB]
    業績書 [Excel 26KB] 業績書見本 [PDF 187KB]
  2. 主たる業績3点以内(抜き刷り、コピー可)。各々4部ずつ(ただし著書の場合は現物1部)提出のこと。各々800字以内の日本語要約を添付すること。
  3. グローバル地域文化学部1年生を対象とした植民地時代から両大戦間期までのラテンアメリカ史の講義シラバス15回分とその概要(1200字程度)、および、今後の研究計画(800字程度)について、日本語で記したもの。
  4. 学位証明書(コピーでも可。ただし原本の提示を求めることがある。)
7.応募締切日2017年7月10日(月)必着
8.書類提出先〒602-0898
京都市上京区烏丸通上立売上る
同志社大学 グローバル地域文化学部
学部長 圓月 優子
注)封筒の表に「アメリカコース(スペイン語)教員応募書類在中」と朱書し、必ず書留便で送付すること(宅配便可)。
9.その他
  1. 選考の過程でその他の業績の提出を求めることがある。
  2. 必要な時点で学位証明書等の原本の提示を求めることがある。
  3. 必要に応じて9月第3週に面接を行い、また模擬授業の実施を求めることがある。
  4. 面接に際し、本学部所定の交通費を支給する。
  5. 選考結果については、選考終了次第、直接本人に通知する。
  6. 上記6の提出書類は原則として返却しない。返却を希望する際は、送付先を明記した着払い伝票を同封のこと。
  7. 夏期休暇中に連絡先が変わる場合には、変更期間、変更先の住所、電話/ファックス番号、Eメール・アドレスなどを記載したものを、必ず応募書類に同封すること。
付記グローバル地域文化学部 ホームページ
電話 075-251-2610 ファックス 075-251-2781
Eメール ji-grjm@mail.doshisha.ac.jp

同志社大学 ホームページ

提出いただいた書類は厳重に保管・管理し、審査終了後は責任を持って破棄いたします。
また、提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。

教員(英語任期付)の公募について

English Ver.

1.任用職名助教、准教授または教授
2.担当科目全学共通科目(英語)、および英語圏の文化・社会に関する専門科目
3.採用人員1名
4.任用期間2018年4月1日~2023年3月31日の5年間(任用期間満了後の契約更新はしない)
5.応募資格
  1. 英語を第一言語とする者、あるいはそれと同等の英語運用能力を持つ者。
  2. 英語教育または英語文化圏に関する学問分野で修士以上の学位を有する者。
  3. 博士課程前期(修士課程)修了後、大学またはそれと同水準の教育機関において、3年以上の英語教育歴を有する者。
  4. 校務遂行に必要な日本語運用能力を有する者。
  5. 採用後、近畿圏に居住できる者。
  6. 応募時点で3点以上の研究業績を有する者。
6.義務時間および業務
  1. 授業担当は、今出川校地および京田辺校地における1週16時間(8コマ)を最少基準とする。
  2. 科目担当以外に、英語のカリキュラム運営に関する業務(教材作成、登録相談等)、学期末試験の監督(他教員の担当科目の応援監督を含む)、学生の英語能力向上を支援する業務(語学カウンセリング等)、国際交流に寄与する業務、広報・入学試験関連業務等を担当する。
7.提出書類
  1. 履歴書・研究業績書および学校法人同志社内における職務経歴報告書、各1通。
    履歴書 [Excel 26KB] 履歴書見本 [PDF 138KB]
    業績書 [Excel 26KB] 業績書見本 [PDF 187KB]
    法人内職務経歴報告書 [Excel 36KB]
  2. 主たる研究業績2点(抜き刷り、コピー可)、およびその要約(英文で各500語程度)を各3部送付のこと。
  3. 応募理由書(これまでの教育実績および今後の教育研究計画を1,000語程度の英文にまとめたもの)を3部。
  4. 授業評価記録、シラバス、表彰歴など、優秀な教育実績を証明できるもの(コピー可)。(任意)
  5. 修了証明書(修士)もしくは博士課程修了証明書のコピー1部。
  6. TESOLの資格保持者は、その証明書類(diplomaまたはcertificate)のコピー1部。
  7. 日本語能力を証明する書類(日本語能力試験等)を有する者は、証明書類のコピー1部。
8.応募締切日2017年7月10日(月)(必着)
9.書類提出先〒602-0898
京都市上京区烏丸通上立売上る
同志社大学グローバル地域文化学部
学部長 圓月 優子
注)封筒の表に「英語教員(任期付)応募書類在中」または“Application Documents (Contract)”と朱書し、必ず書留便で送付すること(宅配便可)。
10.選考方法
  1. 審査手続き
    第1次審査:上記提出書類による業績審査。
    第2次審査(9月第2週~第3週):第1次審査通過者にはその他の業績の提出を求め、新たな業績審査および英語と日本語による面接審査を行う。面接審査は、模擬授業および日本語読解力の簡単なテストを含む。
  2. 第1次審査通過者に対しては、第2次審査のための提出書類、締め切り日、および面接日、面接場所を連絡する。
  3. 面接に際し、本学部所定の交通費を支給する。
  4. 選考結果については、選考終了後すみやかに本人に通知する。
  5. 上記7の選考書類は原則として返却しない。返却を希望する場合は、送付先を明記した着払い伝票を同封のこと。
  6. 夏期休暇中に連絡先が変わる場合には、変更期間、変更先の住所、電話/ファックス番号、Eメール・アドレス等を記載し、必ず応募書類に同封すること。
問合せ先同志社大学グローバル地域文化学部
電話:075-251-2610  Fax:075-251-2781
Eメール:ji-grjm@mail.doshisha.ac.jp
グローバル地域文化学部ホームページ
同志社大学ホームページ
付記提出いただいた書類は厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって破棄いたします。また、提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。

教員(中国語(普通話)および言語文化に関連する科目任期付)の公募について

1.任用職名助教、准教授または教授
2.担当科目中国語(普通話)および言語文化に関連する科目
3.採用人員1名
4.任用期間2018年4月1日~2023年3月31日の5年間(任用期間満了後の契約更新はしない)
5.応募資格
  1. 中国語を母語とする者、またはそれに準じた中国語運用能力を持つ者。
  2. 中国語学・中国語教育または中国語圏の社会、文化に関する研究を専攻し、中国語教育に関する経験実績を有する者。
  3. 博士課程前期(修士課程)修了後3年以上の教育・研究歴の有る者、またはそれに準ずる経歴を有する者。
  4. 校務遂行に必要な日本語運用能力を有する者。
  5. 近畿圏に居住できる者。
  6. 応募時点で2点以上の研究業績を有する者。
6.義務時間および業務
  1. 授業担当は、今出川校地および京田辺校地における1週16時間(8コマ)を最少基準とする。
  2. 科目担当以外に、外国語のカリキュラム運営に関する業務(教材作成、登録相談等)、学期末試験の監督(他教員の担当科目の応援監督を含む)、学生の外国語能力向上を支援する業務(語学カウンセリング等)、国際交流に寄与する業務、入学試験関連業務等を担当する。
7.提出書類
  1. 履歴書・研究業績書および学校法人同志社内における職務経歴報告書各1通。
    履歴書 [Excel 26KB] 履歴書見本 [PDF 138KB]
    業績書 [Excel 26KB] 業績書見本 [PDF 187KB]
    法人内職務経歴報告書 [Excel 36KB]
  2. 主たる研究業績2点(抜き刷り、コピー可)。各々800字以内の日本語要約を添付し、各3部(ただし、著書・博士論文の場合は現物1部)を送付すること。
  3. 応募理由書(これまでの教育実績および今後の教育研究計画を日本語で4000字程度にまとめたもの)各3部。
  4. 卒業証明書(学士)および修士課程もしくは博士課程修了証明書のコピー。
8.応募締切日2017年7月14日(金)(必着)
9.提出先〒602-0898
京都市上京区烏丸通上立売上る
同志社大学 グローバル地域文化学部
学部長 圓月 優子
注)なお、封筒の表に「中国語教員(任期付)応募書類在中」と朱書し、必ず書留便で送付すること(宅配便可)。
10.選考方法
  1. 審査手続き:
    第1次審査:上記提出書類による業績審査。
    第2次審査(7月下旬予定):第1次審査通過者にはその他の業績の提出を求め、新たに業績審査を行う。
    第3次審査(9月上旬予定):第2次審査通過者に対して、面接および模擬授業による審査を行う。
  2. 第1次審査通過者に対しては第2次審査のための提出書類と締め切り日を連絡する。
  3. 第2次審査通過者に対しては第3次審査の日時と場所を連絡する。面接に際しては、本学部所定の交通費を支給する。
  4. 必要な時点で卒業証明書、修士課程もしくは博士課程修了証明書の原本の提出を求める。
  5. 選考結果については、選考終了後すみやかに本人に通知する。
  6. 夏期休暇中に連絡先が変わる場合には、変更期間、変更先の住所、電話/Fax番号、Eメール・アドレス等を記したメモを必ず応募書類に同封すること。
  7. 上記7.の提出書類は原則として返却しない。返却を希望する際は、送付先を明記した着払い伝票を同封のこと。
付記)グローバル地域文化学部 ホームページ
電話:075-251-2610  ファックス:075-251-2781
Eメール:ji-grjm@mail.doshisha.ac.jp
同志社大学 ホームページ

提出いただいた書類は厳重に保管・管理し、審査終了後は責任をもって破棄します。
また、提出いただいた書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。

教員(コリア語任期付)の公募について

1.任用職名助教、准教授または教授
2.担当科目コリア語(朝鮮語)および言語文化関連科目
3.採用人員1名
4.任用期間2018年4月1日~2023年3月31日の5年間(任用期間満了後の契約更新はしない)
5.応募資格
  1. 国籍は問わないが、朝鮮語を母語とする者、あるいはそれと同様の朝鮮語運用能力を持つ者。
  2. 朝鮮語学または朝鮮語教育を専門とし、朝鮮語教育に関する経験実績を有する者。
  3. 博士の学位を有する者、またはそれに準ずる者。
  4. 校務遂行に必要な日本語運用能力を有する者。
  5. 近畿圏に居住できる者。
6.義務時間および業務
  1. 義務時間:授業担当は、今出川校地および京田辺校地における1週16時間(8コマ)を最少基準とする。
  2. 業務:科目担当以外に、外国語カリキュラムに関する業務、学期末の試験に関わる業務(他の教員担当科目の応援監督も含む)、学生の外国語能力向上に関する業務、国際交流に寄与する業務、入学試験関連業務等を担当する。
7.提出書類
  1. 履歴書・研究業績書および学校法人同志社内における職務経歴報告書各1通。
    履歴書 [Excel 26KB] 履歴書見本 [PDF 138KB]
    業績書 [Excel 26KB] 業績書見本 [PDF 187KB]
    法人内職務経歴報告書 [Excel 36KB]
  2. 主たる業績2点以内:抜き刷り、コピー可とするが、各々800字以内の日本語要約を添付し、 各3部(ただし著書・博士論文の場合は現物1部)送付のこと。
  3. 応募理由書:これまでの教育実績および今後の教育研究計画を日本語で4000字程度にまとめたもの3部。
  4. 学位証明書(コピーでも可。ただし原本の提示を求めることがある。)
8.応募締切日2017年7月3日(月)必着。
9.提出先〒602-0898
京都市上京区烏丸通上立売上る
同志社大学 グローバル地域文化学部
学部長 圓月 優子
注)封筒の表に「コリア語教員(任期付)応募書類在中」と朱書し、必ず書留便で送付すること(宅配便可)。
10.選考方法
  1. 審査手続き
    第一次審査:上記提出書類による資格審査および業績審査を行う。
    第二次審査:第一次審査通過者を対象にすべての業績について審査を行う。
    第三次審査:第二次審査通過者を対象に日本語とコリア語による面接審査と模擬授業の審査を行う(9月上旬を予定)。
  2. 第一次審査通過者に対しては、追加の書類(すべての業績を含む)の提出を求める。
  3. 第二次審査通過者に対しては、面接と模擬授業の要領および日程について連絡する。
  4. 面接に際し、本学部所定の交通費を支給する。
  5. 選考結果については、選考が終了次第、直接本人に通知する。
  6. 上記7の提出書類は原則として返却しない。返却を希望する場合は、送付先を明記した着払い伝票を同封すること。
  7. 夏期休暇中に連絡先が変わる場合には、変更期間、変更先の住所、電話・ファックス番号、Eメールアドレス等を記載し、必ず応募書類に同封すること。
付記)同志社大学 ホームページ
グローバル地域文化学部 ホームページ
Eメール:ji-grjm@mail.doshisha.ac.jp
TEL:075-251-2610 FAX:075-251-2781

第一次審査にご提出いただいた書類は厳重に保管・管理し、審査終了後は責任を持って破棄いたします。また、提出書類に含まれる個人情報は、個人情報保護法に基づき、選考以外の目的には使用いたしません。
このページの先頭へ