Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
トピックス
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2013年度のトピックス一覧
  3.  > グローバル人材育成推進事業 西日本第1ブロック共同ワークショップ『「グローバル」の普遍性について』を開催しました

トピックス

グローバル人材育成推進事業 西日本第1ブロック共同ワークショップ『「グローバル」の普遍性について』を開催しました

'13年12月13日 更新
 2013年11月23日(土・祝)、今出川キャンパス(良心館)にて、『「グローバル」の普遍性について~Global Competence in a Global Society with Special Reference to its Universality~』を開催しました。
 本ワークショップは、文部科学省の「グローバル人材育成推進事業」採択大学の中で、西日本第1ブロックの9大学(同志社大学、関西学院大学・神戸大学・福井大学・鳥取大学・愛知県立大学・愛知大学・京都産業大学・立命館大学)共同で、本事業の方向性や目指す所、「グローバル」という言葉の捉え方について、共通認識を図ることを目的に開催したものです。
 第1部、龍城正明前副学長による『「グローバル」の普遍性について』では、「グローバル」の定義や概念について、言語学や宗教等の話を交えながら解説を行い、冒頭の意見表明としました。続いて、拓海広志氏(海洋・海事ライター&エッセイスト。本名:恵谷洋 楽天物流株式会社 代表取締役社長)には、海に関連した幅広い活動の経験に基づきながら、自分のスタイルを作ることの大切さなどを語っていただきました。
 第2部では「学生・企業の視点から」として、学生2名および企業関係者2名が発表を行い、第3部では、関西学院大学の神余隆博副学長(国際連携機構長)をコーディネーターに、第1部・第2部登壇者に加えて関西学院大学のジェシー・オルセン准教授および新たに2名の学生も登壇し、パネルディスカッションを行いました。
 5時間半にも及ぶ本ワークショップには、教育関係者や、企業関係者、学生など、200名を超える方々が参加し、本テーマへの関心の高さを反映したものとなりました。多くの大学生も参加し、大学の国際化推進に取り組む教育関係者および企業関係者だけでなく、何より学生自身の意識向上や情報共有の一助となったことと思われます。

*ワークショップの当日配付資料等を、文部科学省「グローバル人材育成推進事業」取り組みの概要に掲載していますのでご参照ください。
会場

会場

拓海広志氏講演

拓海広志氏講演

パネルディスカッション

パネルディスカッション