Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
ニュース
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2014年度のニュース一覧
  3.  > 革新的なレアメタル・ベースメタルの製造技術の事業化に成功 ~省電力・低環境負荷を兼ね備えた金属の製造方法を実用化~

プレスリリース

革新的なレアメタル・ベースメタルの製造技術の事業化に成功 ~省電力・低環境負荷を兼ね備えた金属の製造方法を実用化~

'14年9月4日 更新
同志社大学 理工学部 環境システム学科の盛満正嗣教授の研究グループは、独立行政法人科学技術振興機構(JST)研究成果展開事業 スーパークラスタープログラムにおいて、レアメタルやベースメタルの製造方法として、省電力と低環境負荷を同時に実現できる革新的な電解採取法を開発し、その核となる電解採取用陽極の事業化と電解採取プラントでの実用化に成功しました。

レアメタルやベースメタルは、リチウムイオン二次電池やニッケル水素二次電池のほか、SiCなどのパワーデバイスが利用される電化製品、電気自動車、送電システムなどで幅広く利用されています。これらの金属は鉱石中に含まれており、金属として取り出すために電解採取法による製造が行われてきました。しかし、この方法は大電力を消費し、また電解を行う際に金属汚泥を発生するといった技術的課題が残っていました。

本研究では、このような課題を解決できる新たな材料として、熱分解法により触媒活性の高い酸化物ナノ粒子を触媒活性の低い非晶質酸化物中に均一に分散したハイブリッド構造を有する触媒の開発に世界で初めて成功し、この触媒を備えた新たな電解採取用陽極とこれを用いる電解採取法に関する特許を国内外で取得しました。さらに、これらの特許を米国のOutotec USA社にライセンシングし、実際の電解採取プラントに用いるメートルサイズの陽極の製造を行うとともに、その評価を様々な電解採取プラントで行ってきました。その結果、従来に対して最大で36%の電力削減が可能であるとともに、金属汚泥が抑制されることを実証し、Cobre del Mayo社の銅電解採取プラント(メキシコ,年間生産量:30,000トン)への導入に成功しました。

本研究成果は過去100年以上に及ぶ金属製造技術に革新的な進歩をもたらし、世界12か国で本研究による電解採取用陽極および電解採取法への全面的な転換が進められています。また、これまで廃棄物処理されていた金属汚泥や都市鉱山と呼ばれている廃電化製品などからの有価金属の回収にも利用可能であり、これまでの金属製造プロセスを一新する技術として期待されます。

本研究はJST研究成果展開事業 スーパークラスタープログラム 京都地域コアクラスター(代表研究統括:西本 清一)の研究課題「蓄電池用メタル材料の高効率製造技術」(研究者:盛満 正嗣)の一環として行われました。また、本研究成果の外国特許の出願および権利化については、JST重要知財集約活用制度 知財FS型(外国特許出願支援)による費用支援を受けました。

関連書類
お問い合わせ先
同志社大学 理工学部 環境システム学科教授 : 盛満正嗣
 TEL:0774-65-7765
 FAX:0774-65-7765
 mmorimit@mail.doshisha.ac.jp