Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
トピックス
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2015年度のトピックス一覧
  3.  > 日本動物心理学会において、心理学研究科・鎌田泰輔さんが優秀発表奨励賞を、関口弥生さんがBest Poster Awardを受賞しました。

トピックス

日本動物心理学会において、心理学研究科・鎌田泰輔さんが優秀発表奨励賞を、関口弥生さんがBest Poster Awardを受賞しました。

関連カテゴリー : 研究・産官学連携
'15年9月18日 更新
2015年9月10日~12日に東京・日本女子大学にて開催された第75回日本動物心理学会において、大学院生・鎌田泰輔さんの英語による口頭発表が優秀発表奨励賞を、関口弥生さんのポスター発表がBest Poster Awardをそれぞれ受賞しました。
鎌田さんは、ネズミの一種であるラットが、恐怖が喚起されたときには通常よりも時間を長く感じるという現象を発見しました。さらに、その現象には扁桃体という脳部位が重要な役割を担っていることを報告しました。現在この現象の脳神経メカニズムをより詳細に解明することを目指した研究を進めています。
関口さんは、ラットにおいて,時間制限がある状況下では,何度も練習した運動で運動速度の上昇と運動の正確さの低下が起こることを報告しました。現在時間制限がある状況での特定の脳部位の神経活動と,運動速度・正確さの変化の関連性の解明を目指した研究を進めています。

【第75回日本動物心理学会 優秀発表奨励賞】
本賞は若手研究者を育成し、その研究を奨励することを目的として、年次大会において口頭による優れた研究発表を行った者に対して授与されるものです。
発表タイトル:The role of the amygdala in fear-induced underestimation of duration in rats
発表者(受賞者):鎌田泰輔(心理学研究科 博士後期課程1年)
連名者: 畑 敏道(心理学部 教授)

【第75回日本動物心理学会 Best Poster Award】
本大会においてポスターによる優れた研究発表を行った者に対して授与されるものです。本賞はすべてのポスター発表が選考対象となり、参加者の投票によって選出されます。
発表タイトル:Sequential lever-pressing performance under response deadline in rats
発表者(受賞者):関口弥生(心理学研究科 博士前期課程2年)
連名者: 畑 敏道(心理学部 教授)

日本動物心理学会受賞