Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
ニュース
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2016年度のニュース一覧
  3.  > 国連SDGsとマインドフルネスをつなぐ、日本初のシンポジウム開催!(東京開催)

プレスリリース

国連SDGsとマインドフルネスをつなぐ、日本初のシンポジウム開催!(東京開催)

'17年3月17日 更新
この度、同志社大学では、東京サテライトキャンパスにおいて、下記の通り公開シンポジウムを行います。入場無料、一般の方々にも参加していただけますので、事前告知いただくとともに、取材いただけましたら幸いです。

グローバル化や気候変動により深刻化する問題に対応するため、国連は持続可能な開発目標(SDGs)を掲げました。この目標の達成に向けて、「様々な感情をありのままに捉えられるようになる」マインドフルネスがどのようにかかわっていけるのか、個人や社会の幸福なあり方について様々な角度から考えます。

日時2017年3月24日(金)13:00~17:55
場所同志社大学 東京サテライトキャンパス
主催日本グローバルコンパクト・アカデミックネットワーク 
同志社大学Well-being 研究センター、オムロン基金プロジェクト
同志社大学良心の実証的・実践的研究プロジェクト
共催グローバルコンパクト・ネットワークジャパン(GCNJ)
申込方法rc-being@mail.doshisha.ac.jpへ参加希望の旨、ご連絡ください。
講演者「本当にグローバルなグローバル時代のSDGs」
浜 矩子
(同志社大学大学院ビジネス研究科 教授)

「人類にとって幸福とは何か?-SDGsへの示唆」
石川 善樹
(株式会社Campus for H 共同創業者、予防医学研究者・医学博士、NHK NEWS WEBネットナビゲーター・第3期生)

「人類の進化からとらえるSDGs」
小泉 英明
(株式会社 日立製作所 役員待遇フェロー 日本工学アカデミー 上級副会長 日本学術会議連携会員)

「SDGsの神髄とウェルビーイング:ユニリーバの試み」
島田 由香
(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務本部長)

「人間の安全保障-尊厳ある生に向けて」
石川 薫 大使
(元カナダ大使、元外務省経済局長)
パネル討論
出席者
有馬利夫(GCNJ代表)、紺屋健一(JICA参与)、新田英理子(日本NPOセンター事務局長)、河口真理子(大和総研主席研究員)、川廷昌弘(博報堂部長)、田瀬和夫(デロイトトーマツ執行役員)、飯塚まり(同志社大学、J-GCAN会長)他

※入場無料
お問い合わせ先
同志社大学Well-being研究センター
rc-being@mail.doshisha.ac.jp