Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
トピックス
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2017年度のトピックス一覧
  3.  > (京田辺校地♭プログラム)Jazz Funkコンサート「ガラムマサラ×軽音楽部」を開催しました。

トピックス

(京田辺校地♭プログラム)Jazz Funkコンサート「ガラムマサラ×軽音楽部」を開催しました。

'17年4月28日 更新
4月22日(土)、京田辺校地多目的ホール(通称:ハローホール)において、♭プログラム”Jazz Funkコンサート「ガラムマサラ×軽音楽部」”を開催しました。

♭(ふらっと)プログラムとは、京田辺校地において学生支援センターが開催しているコンサートや映画などの多彩なプログラム。授業の合間に“ふらっと“立ち寄ってほしいという思いをこめて開講期間中、不定期に開催しているプログラムです。

今回は、ガールズホーンバンドのガラムマサラを迎え、同志社大学公認団体の軽音楽部とコラボレーションをする形でJazz Funkコンサートを開催。当日は天候にも恵まれ、本番前に多目的ホール前の広場でデモ演奏を行うには格好のコンディションとなりました。

軽音楽部から参加した選抜メンバーは、入部したばかりの女子学生、大学に入ってから楽器をはじめたという2回生を含む3名。上回生が自身の出演は控え、後輩のコーディネートに徹し、彼らのためにビラを配布する姿が印象的でした。

デモ演奏の後は、多目的ホールに場所を移し本番がスタート。「Isn’t she lovely」の音源にのせて、バリトンサックス、アルトサックス2名が、各々アドリブで演奏を行うなど、ガラムマサラ(ジャンルはJazz Funk)と軽音楽部とのコラボレーションによる化学反応が楽しい演奏となりました。

高校の吹奏楽部同級生で結成されたガールズホーンバンド。今はメンバー全員がそれぞれ異なる生活リズムの中で、各々の活動に取り組んでいます。「お呼びがかかる限りは演奏し続ける!」との固い意志で臨むステージ。ソプラノサックス担当のリーダー北垣さんは妊婦姿での出演となりました。

プログラム終盤、質疑応答後のアンコール曲「Happy People」では来場者も手拍子で参加し、コール&レスポンスで歌声とホーンが鳴り響いて会場は大いに盛り上がりをみせました。


今後の♭プログラムの予定はこちらのページをご参照ください。みなさまのご来場をおまちしております!
ガラムマサラ1

ガラムマサラ

ガラムマサラ2

ガラムマサラ

軽音楽部

軽音学部の選抜メンバーが登場。コラボは全部で3曲。
次から次へとアドリブのソロが続きました。

軽音楽部2

学生たちは舞台上でも堂々とした演奏を披露しました。

アンコール

アンコール曲「Happy People」では、来場者も手拍子で参加し、会場は大いに盛り上がりました。

お問い合わせ先
京田辺校地学生支援課学生支援係
TEL:0774-65-7021
E-mail:jt-shien@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)