Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
トピックス
  1. 同志社大学ホーム
  2.  > 2017年度のトピックス一覧
  3.  > 【京田辺校地♭プログラム】~七夕週間ランチタイムコンサート~「邦楽部×同志社室内楽団」を開催しました。

トピックス

【京田辺校地♭プログラム】~七夕週間ランチタイムコンサート~「邦楽部×同志社室内楽団」を開催しました。

'17年7月13日 更新
7月5,6日、京田辺校地ローム記念館劇場空間において、学生支援センター主催♭(ふらっと)プログラム「~七夕週間ランチタイムコンサート~邦楽部×同志社室内楽団」が開催されました。

今年で3回目を迎える七夕週間ランチタイムコンサート。七夕の季節に合わせて開催され、さまざまなサークルが日ごろの練習の成果を披露する場になっています。今年は、邦楽部による和のしらべ、そして同志社室内楽団による洋の旋律がジョイントしました。

七夕週間ということもあり、この2日間は両サークルのメンバーたちが、浴衣や作務衣など夏らしい装いでステージに登場。このコンサートに対する意気込みが伝わります。

コンサートは、邦楽部の演奏からスタート。邦楽といえば人によっては一見固い印象があるかもしれませんが、邦楽部には「ホウガ君」という虚無僧の様相をしたゆるキャラまで存在しています。このホウガ君が、コミカルに司会進行をしたかと思えば、スゴ技の尺八で「ルパン3世」のテーマを演奏するなど、邦楽を身近に感じる構成となっていました。

対する同志社室内楽団は2013年設立と、邦楽部に比べて歴史の浅いサークルではありますが、「自由に楽しく音楽を」「ステージを楽しむ」がモットーの、オーケストラから2重奏といったさまざまな形態で活躍中のサークルです。

当日は、ホルン・バイオリン・フルートによる五重奏で「きらきら星」の変奏曲を披露したり、バイオリン・ビオラ・チェロの弦楽四重奏では、モーツアルトの名曲「Eine kleine Nachtmusik」で締めくくるなど、バラエティに富んだ構成となっていました。

両日ともランチタイムという短い時間でしたが、会場は両サークルが爽やかに奏でる音で、梅雨の湿度を吹き飛ばすような涼しげな雰囲気に包まれていました。

♭(ふらっと)プログラムは、京田辺校地において学生支援センターが開催している、コンサートや映画などの多彩なプログラムのこと。授業の合間に“ふらっと“立ち寄ってほしいという思いをこめて、開講期間中、不定期に開催しています。今後の♭プログラムの予定は、こちらのページをご参照ください。みなさまのご来場をおまちしております!


※♭プログラムとは別に、7月21日(金) 京田辺校地ローム記念館劇場空間において、出張CLAP in京田辺「コマ撮りアニメーションワークショップ作品上映会」が開催されます。詳細は、こちらのページをご参照ください。
邦楽部

邦楽部の演奏。七夕にあうセットと衣装で、誰にでもなじみのある曲を披露。

邦楽部

邦楽部のゆるキャラ「ホウガ君」が登場。サークルメンバーと司会もこなします。

邦楽部

ホウガ君の見事な尺八演奏

同志社室内楽団

同志社室内楽団は、、「自由に楽しく音楽を」「ステージを楽しむ」」がモットー。

同志社室内楽団

短冊の下がった笹のセットと、浴衣姿の学生の演奏は七夕の雰囲気をぐっと盛り上げます。

同志社室内楽団

二重奏も披露。

同志社室内楽団

トリは、モーツアルトの名曲「Eine kleine nachtmusik」。

お問い合わせ先
京田辺校地学生支援課学生支援係
TEL:0774-65-7021
E-mail:jt-shien@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)